ビットコイン(仮想通貨)取引所の比較 オススメの国内・海外大手取引所はどこだ? アルトコインなど用途別に購入方法を選ぼう

シェアする

ビットコイン

皆さんこんにちは。

最近ビットコインに関する話題もよく聞くようになり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は初めて仮想通貨(ビットコイン)を購入する人向けに、どこで買うのが良いのか、そしてどうやって買えば良いのかを解説していきたいと思います。

ビットコインを一番簡単に買う方法

ビットコインを一番簡単に買う方法は、取引所に登録して登録する方法です。

一度、取引所に登録してしまえばPCやスマホ上で何回かボタンを押すだけで、簡単に購入できてしまいます。

他にもマイニングしたり、ビットコインATMを使ったり、ビットコインを購入する方法はいくつかあるといえばあるのですが、初めての人には関係ありません

一番楽に、お得にビットコインを手に入れるのなら、取引所への登録が一番ですね。

登録には最低でも数日、取引所によっては1ヶ月近くかかるところもあるので、早めに申し込みだけでもしておくのがオススメです。

とはいえ、一口に取引所といっても様々な取引所があります。

取引所ごとにそれぞれ個性があって、本当は複数の取引所を登録しておくのがベストなのですが、もしもその中でも特にオススメの取引所を選べと言われたら、僕はCoincheckを選びます。

何故Coincheckがオススメなのか

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

僕がCoincheckをオススメする理由は、以下の3つです。

✓利用している人が圧倒的に多い

✓ビットコイン以外の通貨の種類も豊富

✓セキュリティー体制が万全

それぞれ1つずつ解説していきましょう。

利用者数が圧倒的に多い

仮想通貨を持っている人の8割方はCoincheckのアカウントを持っていると言ってもいいくらい、Coincheckの利用者は多いです。

言わば、仮想通貨界の登竜門のようなものですね。

利用者数が多い取引所ですので、Coincheckに関する情報も溢れています。

Coincheckを利用していて、分からないことがあった時もYahooかGoogleで検索すれば大抵の謎は解けます。

取引所で迷っている暇があるのなら複数の取引所を開設するか、もしくはCoincheckのアカウントを作成しましょう

僕自身、初めて開設した取引所はCoincheckですね。

スマホのアプリも非常に使いやすくて、初心者にはもってこいの取引所です。

特に登録しない理由が見当たりません。

ちなみに最近、テレビCMもやってますね。(出川哲朗さんが出演しています)

ビットコイン以外の通貨の種類も豊富

仮想通貨って実はビットコインだけではないって知っていましたか?

ビットコイン以外にも、世の中には多くの種類の仮想通貨が存在します。

送金スピードが速くて、銀行間の国際送金への利用が期待されている「リップル」、売買と同時に契約も出来る仮想通貨「リスク」、匿名性に特化した仮想通貨「Zcash」など、ビットコイン以外にも期待の出来る通貨はたくさんあります。

そして、それらの通貨が手軽に買えるのがCoincheckです。

Coincheckでは全部で13種類の仮想通貨を取り扱っています。

他の国内大手取引所では多くても7~8種類程度なので、取り扱っている通貨の種類では一歩抜きん出ています。

公式ページには、取り扱っている仮想通貨の種類の一覧が掲載されています。

セキュリティー体制が万全

自分のお金を預ける訳ですから、セキュリティーは何よりも重要視すべき事です。

せっかく資産が増えたとしても、盗まれてしまっては元も子もありませんよね。(しっかりパスワードを管理していれば、盗まれることはないのですが・・・)

その点Coincheckでは、万が一不正ログインによって資産が盗まれたとしても100万円まで保証してくれます。

他の取引所だとbitFlyerが500万円まで保証しています。

しかし、bitFlyerの場合は日本円が盗まれた場合に限って500万円までの保証です。

500万円相当の仮想通貨が盗まれても、保証はありません

一方Coincheckの保証は100万円までですが仮想通貨にも対応しているので、こちらの方が良いでしょう。

そもそも、取引所に日本円を置いておくことってあまりありませんよね。

普通の人は、日本円が残っていたら仮想通貨を買います。

もしも100万円以上の仮想通貨を購入する予定の人は、自分自身で管理する必要がありますね。

自前のハードウォレットを用意しましょう。

Coincheckのデメリット

ここまではCoincheckのオススメポイントを紹介してきたので、次はデメリットを紹介したいと思います。

僕が考えつく限り、Coincheckのデメリットはただ1つ。

それは一部のコインを購入する時の手数料が少し高いということですね。

例えば、比較的有名な通貨である「ネム」の価格ですが、同じ時間帯でも購入する時の価格と売却する時の価格が少し異なります。

購入時の価格

NEM 購入価格

売却時の価格

NEM 売却価格

この時間帯だと、1ネムあたり8円の差がありますね。

この8円分が手数料です。

大した手数料ではありませんが、それでも多額の取引をする時には結構効きますよね。

この手数料の大きさがCoincheckのデメリットであると僕は考えます。

ちなみに、ビットコインを買う時の手数料は0%なので気にしなくて大丈夫です。

Coincheck以外の取引所を用途別に紹介

Coincheckだけを開設するのもいいのですが、どうせならCoincheck以外の取引所も開設しておくと、得をすることもあります。

以下、用途別に僕のオススメする取引所を紹介したいと思います。

ネムを買うならZaifがオススメ

Coincheckと並んで大手取引所であるZaifの場合、ネムを非常に格安の手数料で買うことができます。

Coincheckの手数料が6~7%であるのに対し、Zaifの場合0.1%程度で買えますからね。

ネムに限って言えば、CoincheckよりもZaifがオススメです。

ネムを買うつもりならば、Zaifのアカウントも開設しておくことをオススメしますよ。

リップル、ライトコインを買うならbitbankがオススメ

bitbank

Coincheckではリップルやライトコインといった通貨も取り扱っているのですが、残念ながらそれらはZaifでは買うことができません。

その代わり、リップルやライトコインを安く買いたいのならbitbankという取引所をオススメします。

何故ならbitbankでは、すべての取引が手数料無料だからです。

CoincheckやZaifと比べると比較的マイナーな取引所ではありますが、最近着実に勢力を伸ばしてきています。

もっと色々な種類の通貨を買いたい方は・・・

BINANCE

国内では13種類と最多の通貨の種類を誇るCoincheckですが、海外の取引所だともっと多くの通貨を購入出来る取引所がたくさんあります。

僕がオススメしたいのはBinanceという取引所ですね。

取引手数料が一律0.1%で、100種類以上の通貨を購入することができます。

100種類もあれば、中には1日で価格が倍になるような通貨もあるので、少ない原資で多く稼ぎたい方にはオススメです。

本人確認無しで登録できますよ。

入出金は、基本的に仮想通貨を使って行います。

なので、Binanceで取引を行いたいのなら

Coincheckでビットコインを購入 → Binanceにビットコインを送金

という流れになりますね。

Binanceにビットコインが届いたら、そのビットコインを使って色々な通貨を購入しましょう。

デメリットとしては、Binanceは中国の取引所であるということですね。

2017年9月に中国で仮想通貨の取引が禁止された影響を受けて、多くの中国の取引所が停止した事があります。

Binanceも中国政府の規制によっては、営業停止する可能性があるということは考えておいて下さい。

1,000万円単位の多額の現金を預けるには、止めておいたほうがいいかもしれません。

逆に少額の資金を一気に増やしたいという方にとっては、オススメの取引所となります。

まとめ

以上オススメの仮想通貨取引所について書いてきました。

最後に、もう一度まとめておくと

とりあえずCoincheckに登録

ネムを買うならZaifにも登録

リップル、ライトコインを買うならbitbankに登録

一気に資産を増やしたい方はBinanceに登録

という流れがベストだと僕は思います。

僕自身、最近はBinanceで単価の安い通貨を買って遊んでいます。

1日で倍になるコインを引き当てた時は、凄くうれしいですよ!!

色々と難しすぎてよく分からないという人は、とりあえずCoincheckに登録しましょう。

本人確認に数日かかるので、早めに登録しておくことをオススメします。

それでは、皆さんも楽しい仮想通貨ライフを!!

登録方法の解説記事はこちら

今回紹介した取引所

Coincheck

Zaif

bitbank

Binance