ビットコイン始めるならGMO? オススメ出来る日本人に人気の取引所はどこ?

最近、GMOコインが積極的にビットコイン取引所の宣伝を行っています。

これを見て、ビットコインに興味を持った方も多いのではないでしょうか。

しかし一口にビットコインの取引所と言っても、実は様々な種類の取引所があります。

電車で広告を出しているからと言って、GMOコインが必ずしも最高のビットコイン取引所という訳ではありません。

そこで今回はGMOコインが本当にオススメできるビットコイン取引所なのかを、メリット・デメリットをその他のビットコイン取引所と比べることで明らかにしていきたいと思います。

(結論を先に行ってしまうと、初心者の皆さんには、GMOコインよりもZaifbitbankと言った取引所をオススメします)

ビットコインの売買に興味を持つ皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

GMOコインのメリット

まずは、GMOコインのメリットから紹介していきましょう。

✓アルトコインFXが出来る

✓FXでレバレッジがMAX25倍まで掛けられる

アルトコインFXが出来る

GMOコインの最大のメリットは、アルトコインFXが出来ることです。

そもそも「アルトコイン」って何だ?

という人も多いと思うので、アルトコインについて最初に説明しましょう。

アルトコインとは?

ビットコインは皆さん知っていますよね?

実は、仮想通貨にはビットコイン以外の通貨もたくさんあるんです。

その種類はおよそ1,000種類を超えると言われています。

そして、ビットコイン以外のそれらの通貨をまとめてアルトコインと呼びます。

アルトコインについては分かりましたか?

有名所だと、Googleが出資した「リップル」やビットコインに次ぐ時価総額を誇る「イーサリアム」でしょう。

リップル

では何故、アルトコインFXが出来ることがメリットとなりうるのか。

それはアルトコインはビットコインに比べて、より値動きが激しいからです。

ビットコインですら、1日に30%くらい価格が変動することはしょっちゅうですが、アルトコインの場合、一日で+100%になったりする通貨もあります

それだけ値動きの激しい通貨でレバレッジをかけてFXを行なうことができれば、トレードが成功した場合、少ない資金でも大きな利益を得ることができますよね?(失敗した場合は損失を負いますが・・・)

だから、アルトコインFXが出来るということは大きなメリットとなりうるのです。

GMOコイン以外の国内の取引所では、今のところアルトコインFXはできません。

アルトコインFXをやるならGMOコイン一択ということになります。

しかし、僕は初心者のうちはFXをするべきでは無いと考えています。

仮想通貨について何もわからない状態でFXをやった所で、勝てるはずがないでしょう。

初心者は、仮想通貨を買って放置するのが最善です。

そう考えるとアルトコインFXのメリットは、初心者にとってはあまり関係ありません。

レバレッジが25倍まで掛けられる

こちらも、FXのお話です。

GMOコインの場合、FXではレバレッジを最大25倍まで掛けることができます。

日本の法律でレバレッジは25倍までと定められているので、国内の取引所では実質最大ですね。

取引所レバレッジ
GMOコイン25倍
Coincheck5倍
bitFlyer15倍
Zaif25倍
bitbank20倍

主な国内取引所の最大レバレッジは、以上の表のようになります。

GMOコインとZaifが最大25倍まで掛けることが出来て、一番低いCoincheckだと5倍となります。

ハイレバレッジで取引をしたい人にとっては嬉しいかもしれません。

ただし、FXをやらない初心者にはやはり関係ありません。

GMOコインのデメリット

次に、デメリットを紹介します。

✓GMOコインは、正確には取引所ではなく販売所

✓システム上の問題で、たまに炎上する

✓大手に比べるとユーザーが少ない

GMOコインは販売所

実はGMOコインは、正確には仮想通貨取引所ではなく、販売所です。

取引所と販売所では、仮想通貨の買い方が少しだけ違います。

取引所

取引所はコインを売買したい値段を自分で決めて注文して、買いたい人と売りたい人の価格がマッチしたタイミングで売買が成立する仕組み。

ユーザーどうしで取引するので、手数料があまりかかりません

大体の場合は、販売所で売買するよりも取引所で売買するほうが得をしますね。

ただし自分の価格とマッチする価格の人がいなかった場合、注文が成立しないこともあるので注意!!

(実際には1,000万円単位の買い注文や売り注文を出さない限り、だいたい注文は成立します)

販売所

販売所では、会社(この場合だとGMO)と直接売買します。

販売所の場合は取引所の場合の様に、マッチする価格の人がいないという事態にはならないので、1,000万円の買い注文だろうが1億円の買い注文だろうが必ず通ります。

が、しかし!!

その代わりに売買する時には、手数料が上乗せされています。

その手数料が会社の利益になるという訳ですね。

 

取引所と販売所の違いを分かってもらった所で、もう一度いいます。

GMOコインは販売所です。取引所ではないので、仮想通貨を買う際にはちょっとだけ割高の価格で買わなければいけないと思って下さい

基本的に、ユーザーにとっては販売所よりも取引所で売買をする方がいいです。

販売所で売買をしたほうが得をするのは、特定の仮想通貨の価格が暴騰or暴落してる最中で取引所で注文が通らないときか、1,000万円単位の注文をする時くらいですよ。

取引所販売形態
GMOコイン販売所
Coincheck販売所&取引所
bitFlyer販売所&取引所
Zaif販売所&取引所
bitbank取引所

GMOコイン以外の所は、販売所と取引所いずれにも対応しているので、場面に応じて使い分けることが出来ます。

bitbankのみ、取引所だけですね。

大手取引所と比べるとユーザーの数が少ない

GMOコインは、仮想通貨の取引所としては(正確には販売所か・・・)最近できた方なので、大手の3大取引所であるCoincheck、Zaif、bitFlyerと比べると、どうしてもユーザーの数が少ないです

残念ながら具体的なデータが公表されている訳ではないので、絶対に少ないとは言えませんが、ネットで情報収集をしている限りGMOコインを使っている人は少数派です。

ユーザーの数が少ないことが利便性に直結するわけではありませんが、何か分からない事があった時に、大手取引所についての情報ならネットにたくさん転がっていますが、小さな取引所の場合、情報が少ないこともあります。

そう考えると、大手取引所に登録しておいたほうが安全でしょう。

結局オススメの取引所は?

結果的には散々GMOコインを貶めるような記事になってしまいましたが、特にこれと言った理由が無い限りGMOコインで仮想通貨を購入する理由は無いと僕は思います。

手数料、販売形態、ユーザー数、いずれをとっても他の取引所より優れているとはいえません。

すごく悪い取引所(正確には販売所)という訳ではありませんが、わざわざ選ぶ理由はないと言った感じです。

僕のオススメは、大手取引所のZaifにとりあえず登録しておくことですね。

 

Zaifでは、ネムやモナコインと言ったアルトコインを格安で買うことが出来ますよ。

しかもビットコインの購入手数料は-0.01%と、マイナスの手数料です。

ビットコインを一番安く買うのなら、Zaif一択でしょう。

また、Zaifでは「出金制限」をかけることが出来ます。

万が一自分のアカウントがハッキングされてしまった場合でも、出金制限をかけておけば、予め登録しておいたアドレス以外には送金できなくなるということですね。

最近、Coincheckがハッキングされたばかりなので、こういう機能はかなり大事だと思います。

bitFlyerはビットコインFXをやるなら開設しておきたい取引所ですね。

ただし初心者は、あまりビットコインFXをやることもないと思うので、その代わりにbitbankを登録しておくことをオススメします。

bitbankでは、リップルやライトコインと言ったアルトコインも取引所で買うことが出来ます(その他の取引所は、リップルやライトコインについては販売所からしか購入出来ない)。

これらの仮想通貨を買いたい人は、bitbankで購入するのが一番オトクです。

仮想通貨の取引所の開設方法は、どの取引所もだいたい一緒で、

個人情報入力→本人確認書類のアップロード

なので、取引所の登録は1度に一気にやっておいたほうが後々面倒なことになりません。

本人確認の段階で、どの取引所も数日かかるので、はじめのうちに口座だけでも開設しておいたほうが良いでしょう。

仮想通貨の市場は、今後拡大していくものと思われます。

ビットコインの購入自体は5,000円くらいからでも出来るので、ぜひ仮想通貨を買ってみて下さい。

話のネタにもなりますよ(笑)

この時点で、まだどの取引所にするか決まってない人は無難にZaifにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。