【さよなら日劇ラストショウ】NICHIGEKI-3で「君の名は。」を鑑賞した感想

先週はTOHO日劇最大のスクリーンNICHIGEKI-1でローグワンを鑑賞しましたが、今週はNICHIGEKI-3で「君の名は。」を鑑賞したので感想を綴っておきたいと思います。

混み具合はどれくらいだった?

想像以上に混んでいましたね。

NICHIGEKI-3はTOHO日劇の中では一番座席数が少ないとはいえ、それでも500人以上の人々を収容することが出来ます。

そんなNICHIGEKI-3ですが、ざっと見渡した感じ90%の座席は埋まっていたと思います。

未だ、「君の名は。」の人気は健在ですね。

もちろん、今日はTOHO日劇の最終日だったからという原因もあるとは思いますが・・・。

ただどうせなら、やっぱりNICHIGEKI-1で「君の名は。」見てみたかったなぁという思いはありますね。

2016年にNICHIGEKI-1で上映していた時に見なかったのを、かなり後悔しています。

あの時は、1000席近くあるNICHIGEKI-1の座席が完売したくらい「君の名は。」の人気ぶりは凄まじかったです。

NICHIGEKI-3の外観

入り口は、先週訪れたNICHIGEKI-1と大体同じ雰囲気でした。

座席数は、先週ローグワンを鑑賞したNICHIGEKI-1と比較すれば少ないですが、それでも並大抵のスクリーンよりは多くの座席があります。

十分、中も広かったですよ。

上映の感想

劇場で鑑賞するのは12月のオーケストラコンサート以来ですね。

「君の名は。」を劇場で鑑賞するのもこれで11回目なので、内容はしっかり頭に入ってます。

今回は、「言の葉の庭」の主人公タカオが出て来る場面に注目してました。

結論から言うと、タカオが出て来るタイミングを知っていても、視認するのは難しかったですね。

「あれがタカオかな?」って気がするくらいです。

あと映画の内容は関係ありませんが、座席はNICHIGEKI-1よりもNICHIGEKI-3の方が座り心地が良かった気がします。

ただ本当に座席が違うのかどうかは分からないので、もしかしたら気の所為かもしれませんね。

まとめ

以上、11回目の「君の名は。」の劇場鑑賞の感想はこんな感じでした。

次に「君の名は。」を劇場で見れるのはいつになることやら・・・。

TOHO上野がオープンした時にオープン記念で「君の名は。」を上映したように、3/29にオープンするTOHO日比谷でも「君の名は。」を上映してくれると嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。