【さよなら日劇ラストショウ】座席数が日本最大のスクリーン TOHO日劇1でローグワンを見た感想 1000席近くの座席があるぞ

1933年に日本劇場としてオープンしてから、85年。

遂に、TOHO日劇にも終わりの時がやってきました。

僕自身これまでTOHO日劇に行ったことはありませんでしたが、TOHO日劇といえば座席数が日本最大のNICHIGEKI-1があることで有名です。

日劇が無くなる前に、ぜひともこれは体験しておかねば!!と思ったので、今回は日本最大の座席数を誇るNICHIGEKI-1でローグワンを見た感想を綴っていきたいと思います。

さよなら日劇ラストショウ

ローグワンといえば2016年に公開された映画なので、「どうして今さらローグワンを上映しているんだ?」と思う方も多いでしょう。

実は日劇最後の9日間は「さよなら日劇ラストショウ」と題して、これまで日劇で上映されてきた名作を上映してるんです。

上映作品は、1952年公開の「生きる」といった大昔の作品から、

アナと雪の女王

「君の名は。」といった最新作まで色々と上映しています。

僕は「君の名は。」の中毒者なので、本当は「君の名は。」をNICHIGEKI-1で見たかったのですが、残念ながら今回のラストショウでは一番座席数の少ないNICHIGEKI-3でしか上映してもらえません(それでも、500席以上あるんですけどね・・・)。

「君の名は。」は「君の名は。」で見るつもりですが、せっかくならば、やはり最大座席数のNICHIGEKI-1も体験してみたかったので、今回はNICHIGEKI-1で上映していたローグワンを見ることにしました(エピソード8までは見ていたけれど、ローグワンちょうどは見ていなかったので)。

TOHO日劇の内装

NICHIGEKI-1の前には、何故かストームトルーパーがいました(笑)。

NICHIGEKI-1の正面。

フロアーは、ステンドグラスがキレイでしたね。

NICHIGEKI-1の座席表。

全座席数は、948席

普通のスクリーンだと、せいぜい400席程度が最高なので、圧倒的な座席数であることがよく分かります。

あまりにもスクリーンが大きいので、出入り口もたくさんありましたね。

上の画像で写っているのは、5番目の出入り口です。全ての出入り口を合わせると10コもありましたよ。

それでは、スクリーン内はどんな感じかというと・・・。

前から。

一番前で見ようとすると、首がかなりつらそうですね・・・。

A~Zでは表せないくらい列が多いので、AA~DD列も設定されています。

見心地はどうだった?

僕は結構後ろの方の席から見ていましたが、見心地はそこまで悪くはなかったですね。

ただ最新の映画館と比べると、座席がちょっと、しょぼいかなとは思いました。

まあでも、普通に映画を鑑賞する分には問題ありませんでした。

ローグワンも、普通に面白かったです。

まとめ

やっぱり、座席数最大のスクリーンは伊達じゃないです。

今まで見てきたどんなスクリーンよりも圧倒的な座席数でしたね(日本一なので当たり前ですが・・・)。

本当はここで「君の名は。」を見たかったなという気持ちはあるのですが、やってないものはしょうがないですね。

2016年にNICHIGEKI-1で「君の名は。」を上映していた時期があったので、その時に行くべきでした・・・。

あの時は、全948席全ての座席が完売するくらい「君の名は。」の影響力は凄かったです。

とはいえ、今さら後悔してもどうしようもないので、日劇が無くなる前にNICHIGEKI-3で「君の名は。」を見ておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。