海外FXは無登録業者だから違法で危険? 金融庁の警告は?

国内FXのレバレッジの上限は、近々10倍に規制されます。

これを機に、レバレッジの上限が緩い海外FX業者への移行を考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし一方で、海外FX業者は危険だから使わないほうが良いと言っている人たちがいるのも事実。

その人達の主な主張は、

海外FX業者は金融庁に登録されていない無登録業者だから危険だ

というものです。

実際の所、海外FX業者は本当に危険なのでしょうか?

僕は、この主張は半分正しくて半分間違っていると考えています。

この主張は、正しく言い換えれば

海外FX業者で、どこの国の金融庁にも登録されていない無登録業者は危険だ

となるでしょう。

多くの人達は「日本の金融庁に登録していない=危険」と考えていますが必ずしもそうではありません。

実際、僕はXMHotForexiFOREXという海外FX業者を愛用していますが、取引環境は快適ですし出金も問題なく出来ています。

結局の所、海外FX業者は海外FX業者でも、どの業者を選ぶのかが重要となるのです。

それでは何故、世間一般では「海外FX業者=危険」というイメージが蔓延しているのか?

今回は、その問題について論じていきたいと思います。

海外FX業者が危険と言われる理由

金融庁

海外FX業者が危険と言われている理由。

それはズバリ、日本の金融庁が海外FX業者に警告を出しているからです。

有名どころの海外FX業者は、ほぼ全て警告を受けています

このサイトでオススメしている、XMという海外FX業者も例外ではありません。

金融庁が、わざわざ「無登録で金融商品取引業を行なう者の名称等について」という大仰なタイトルを使って警告していたら、もちろん誰だって警戒しますよね。

「海外FX=危険」というイメージが蔓延したのは、間違いなくこれが原因でしょう。

しかし、これだけを根拠に「海外FX=危険」というイメージを持つことは間違っていると僕は考えています。

何故なら日本の金融庁が警告を出している基準は、以下の1つしか無いからです。

✓日本の金融庁を持っていない海外FX業者で、なおかつ有名な所

もちろん海外FX業者の中には詐欺まがいの所もありますが、詐欺まがいの業者であろうが、きちんと運営している業者であろうが一律に警告を出しています

そもそも何故、金融庁は海外FX業者を敵視しているのでしょうか?

金融庁が無登録の海外FX業者を敵視している理由

日本の金融庁は何故、海外FX業者を敵視しているのか?

考えられる原因は以下の2つです。

✓海外FX業者で取引しているトレーダーの税金を取り逃がすかもしれないから

✓海外の詐欺業者に騙された人たちのクレームが近年増加しているから

海外FX業者は脱税の温床になりうる

脱税 海外

1つ目の理由は、本来トレーダー達が収めるべき税金を取り逃がす可能性があるからです。

もしもの話ですが、海外FX業者でトレードして出た利益を、国内の銀行口座ではなく海外の銀行口座に振り込めば、トレードで利益を得たことを金融庁に知られないかもしれません

いわゆる脱税が可能になってしまうということですね。

当たり前のことですが、ここで脱税を推奨しているわけではありません。

例えすぐにバレなかったとしても、数年後にバレれば非常に重い税金を支払わなければいけなくなりますし、最悪牢屋行きも考えられます

海外FX業者で利益が出たら、必ず納税しましょう。

当然ですが金融庁としては、それは困ります。

しかし海外口座ともなると、お金の流れを追うのだって一苦労です。

その為に莫大な人件費と労力を支払うくらいなら、始めからトレーダー達が海外FX業者を利用しない方が良いですよね。

おまけに国内のFX業者でトレードしてもらえば、FX業者側からも税金を徴収することが出来ます。

しかし海外FX業者の場合、業者側は日本に税金を支払う義務はありません

必死でお金の流れを追跡した挙げ句、トレーダーからしか税金を徴収できないというのは、金融庁からしてみても当然面白くありません。

日本の金融庁が優良業者、詐欺業者を問わずに一律で海外FX業者に対してネガティブキャンペーンをしている最大理由は、これでしょう。

ちなみにFX業者ではありませんが、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceも、先日金融庁から警告を受けました。

悪質な海外FX業者による詐欺に対するクレームが面倒

海外FX クレーム

もちろん海外FX業者の中には、詐欺業者だって存在します。

「出金しようと思ったのに出金できない」「入金した瞬間にFX業者が倒産した」etc…。

年々、このような詐欺にあった人たちの被害相談が後を絶ちません。

国民生活センターのデータからも、被害にあった人々の人数が年々増加していることがよく分かります。

海外FX 年度別相談数

これらの相談を処理するのは、はっきり言って非常に面倒です。

相談された所で海外のFX業者相手では、日本の金融庁は殆ど何も出来ませんしね。

かと言って、悪質な業者をいちいちリストアップして警告するのも面倒です。

それくらいなら一律で、全ての海外FX業者の利用を止めさせるように働きかけたほうが、金融庁としてはお手軽です。

そもそも海外FX業者の利用は違法?

 

「そもそも海外FX業者を利用することは違法なのでは・・・?」と思っている方もいると思うので、はっきり書いておきます。

日本人が海外FX業者を利用することは、違法ではありません。

参考【外国証券業者に関する法律】(クリック or タップ で開けます)

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

金融庁HPより引用

上の「外国証券業者に関する法律」を読んだ方は分かると思いますが、海外FX業者がテレビや新聞などで勧誘を勧めることは禁止されています。

しかし逆に言ってしまえば、禁止されているのはそれだけです。

私達が海外FX業者を利用することに関しては、OKとはっきり書いてありますね

海外FX業者が無登録な理由

海外FX業者が、日本の金融庁に無登録な理由。

それは日本の金融庁に登録すると、レバレッジの規制も適用されるようになるからです。

海外FX業者の大きな強みと言えば、以下の2つです。

✓レバレッジ規制が無い

✓マイナス残高になって借金を負う危険性が無い

何故、海外FX業者は国内業者と異なったサービスを提供できるのか?

それは、国内業者と海外業者では取引形態が違うからです。

国内業者はOTC方式、海外業者はNDD方式という取引形態を取っています。

OTC方式(DD方式)

・トレーダーの注文を通す前に、FX業者が決済してるのでトレーダーが得をすればFX業者は損をする。つまり、トレーダーとFX業者の利害は正反対だということ。

NDD方式

・トレーダーから徴収する手数料から利益を出しているので、トレーダーに取引してもらえばしてもらうほどFX業者は儲かる。つまり、トレーダーとFX業者の利害は関係ない

つまり国内業者の場合、業者側の利益は「スプレッド + トレーダーの負け分」であるのに対し、海外業者の場合は「スプレッド」のみが利益となります。

もしも海外FX業者が日本の金融庁に登録して、最大レバレッジを規制されたらどうなるでしょうか?

当然ながら、顧客の取引量は減少します。

すると徴収できるスプレッドからの収益も小さくなるので、業者側の利益も減ってしまいます。

すると、国内業者と同じくNDD方式からOTC方式へ変更しなければならなくなりますよね。

しかしNDD方式からOTC方式へ変更すると、海外FX業者の強みは全てなくなってしまいます。

海外FX業者側も、日本のトレーダー達がハイレバレッジを目当てに海外FXを利用していることくらい分かっています。

それなのに、わざわざ日本の金融庁に登録してレバレッジの規制を受ける意味は全くありません

以上の理由から海外FX業者は日本の金融庁には登録していませんし、今後も登録することは無いでしょう。

海外FX業者には、真の無登録業者とそうでない業者がある

あくまでも海外FX業者は日本の金融ライセンスを保有していないだけで、まともな業者は、他の国の金融ライセンスを保有しています。

このブログでオススメしている海外FX業者だと、以下の国の金融ライセンスを保有していますね。

海外FX業者取得している金融ライセンス
XMセーシェル金融庁
iFOREXキプロス証券取引委員会
HotForexキプロス証券取引委員会

海外FX業者を利用するうえで一番気をつけてほしいのは、どこの国の金融ライセンスも持っていない、真の無登録業者を利用する時です。

例えば、他のブログなどで良く紹介されているGEMFOREXというFX業者。

GemForex

このFX業者は、どこの国のライセンスも保有していない真の無登録業者です。

このような業者を利用する場合は、預けている資金を全て持ち逃げされても文句は言えませんし、出金拒否されたとしても何も言えません。

業者を利用すること自体がギャンブルのようなものです。

安心して取引したいのならば、真の無登録業者を利用するのは控えたほうが良いでしょう。

海外FX業者は危険ではない:まとめ

以上より、「海外FX業者=危険」という訳ではないということが分かったと思います。

むしろ業者選びを間違えなければ、国内FX業者よりも海外FX業者の方が圧倒的に使いやすいです。

日本の金融庁の規制を受けていないからこそ「ハイレバレッジ」&「追証なし」の環境を提供出来ているわけですし、日本の景品表示法の規制を受けないから、国内業者よりも豪華なボーナスを受け取ることだって出来るのです。

僕自身、ここ最近は海外FX業者しか利用していません。

皆さんも、ぜひ海外FX業者を体験してみませんか?

1度使ってみると、僕のように国内業者には戻れなくなりますよ。

僕がイチオシしている海外FX業者XMの評判については、以下の記事でより詳しくまとめているので参考にしてみて下さい。

XM ロゴ

XMの特徴

✔レバレッジが最大888倍までかけられる

✔サイトもサポートも日本語対応

✔全世界の口座開設数が50万を突破

✔多くの日本人が使っているから、ググれば使い方もすぐに分かる

✔追証なし

✔入出金の反映が速い

✔様々なボーナスを受け取ることができる

登録方法の解説記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。