【コロナ給付金】10万円の使い道は? 投資・貯金・生活費

コロナ 10万 給付金

新型コロナへの対策として打ち出された1人あたり10万円の特別定額給付金

皆さんは何に使いますか?

家賃、学費、生活費など、使い道は人それぞれだと思います。

コロナの影響で資金繰りが厳しい方は、真っ先にそれらに給付金を使うべきでしょう。

しかし、もしもあなたが経済的に緊迫した状況でなくて、今回の給付金もただ貯金するだけの予定でしたらもう一つの選択肢を考えるのもありだと思います。

その選択肢とは投資です。

自分の給料を削ってまでして投資を始めるのには抵抗がある方も、給付金を種銭にする分には気軽に始められるのではないでしょうか?

最悪無くなったとしても天から降ってきた10万円が無くなるだけなので(まあ本来得られたはずの10万円がゼロになるのは悲しいですが)、心理的負担が比較的小さいです。

基本的に投資というのは、リスクが大きければ大きいほどリターンも大きくなります。

そこで今回はリスクの小さい順に給付金の10万円で始められる投資の種類を紹介していきたいと思います。

最後まで読むのが面倒な方ように、最初に要点をまとめておきますね。

・貯金

 リスク ☆ リターン ☆ オススメ度 ☆

・株

 リスク ☆☆ リターン ☆☆☆ オススメ度 ☆☆

・仮想通貨(暗号通貨)

 リスク ☆☆☆ リターン ☆☆☆☆ オススメ度 ☆☆☆

FX(海外)(個人的には一番オススメ)

 リスク ☆☆☆ リターン ☆☆☆☆☆ オススメ度 ☆☆☆☆☆

・FX(国内)

 リスク ☆☆☆☆☆ リターン ☆☆☆ オススメ度 ☆

個人的に一番オススメしたいのは海外業者でFXを始めることです。

この記事を読むのは面倒だから早速海外FXを始めたいという方は、以下の記事でオススメの海外FX業者を紹介しているのでぜひ読んでみて下さい。

給付金で始める投資法

貯金

貯金

貯金も一応、投資の一部と言えば一部です。

預けているだけで利息が付くので、放置していても少しは増えます。

リスクもほとんどありません。

大きな損失が出るのは、ハイパーインフレして日本円が紙くずになった時か、お金を預けていた銀行が破産した時くらいでしょう。

日本がものすごいスピードで成長していた時代なら、貯金というのも立派な投資の一部でした。

しかしいま現在、我々が受け取れる利息は雀の涙レベルです。大手メガバンクの場合、その利息は0.001%。

10万円を1年間預けていれば、1円の利息が受け取れます。

ATMを一回利用するだけで100円近く取られる時代なので、これはほとんどゼロと言っても良いでしょう。

利息が8%ほどあった1970年代なら、10万円を1年間預けるだけで8000円の利息が受け取れたんですけどねぇ・・・。

あぁ、昔の人が羨ましい。

株

多くの人が「投資」という単語を聞いて一番最初に思い浮かべるのは株ではないでしょうか?

実際、株は手軽に始められる割の良い投資法だと思います。

リーマンショックの時も底値で株を買えた人は、その後、2倍、3倍になっていますからね。

特に今、価格が暴落している航空株などは買ってみたら面白いかもな・・・と僕は考えています。

しかし、以前のJALのように破綻したら株式もただの紙くずですけどね(笑)。

まあお遊び程度に僕は株も触っています。

仮想通貨(暗号通貨)

2017年にビットコインの価格が1BTC=200万円を突破し、仮想通貨バブルを迎えました。

その後ビットコインの価格は大幅に下落しましたが、未だに仮想通貨には儲けるチャンスがたくさんあります。

最近だと、2020年3月13日から2020年5月8日にかけて1BTCの価格が45万円から105万円に上昇しました。

もしも3月13日に10万円分のビットコインを購入して、5月8日に売却していたら23万円になっています。

仮想通貨は株よりもずっと値動きが激しいので、このように儲けるチャンスがたくさん転がっているのです。

僕自身、3月13日にビットコインを1BTC=46万円で2.5BTCほど購入し、1週間後の3月20日に1BTC=72万円で全て売却しました。(以下の取引履歴では、買い注文の件数があまりにも膨大だったため一部抜粋しています)

Coincheck 取引履歴

1週間で60万円の利益が出たので、かなり上出来です。このまま5月上旬まで握り続けていたら150万円くらいの利益になっていたので少し悔しいですが・・・。

しかしバブルが弾けても、仮想通貨にはまだまだ儲けられる可能性があるということはお分かりになったと思います。

FX

FX

最後に、僕が最もオススメするFXについて説明したいと思います。

今回説明する投資法の中で、最もリスクリターンが大きいのがFXです。

まずは最初にリターンについて説明しましょう。

これまでの方法では、せいぜい10万円を50万円くらいに増やすのが限界でしたが、FXなら上手く行けば100万、200万、それ以上に増やすことが可能です。

実際、世の中にはFXでとてつもなく資産を増やしている人がいます。

1.7万円→24万円

1万円→118万円

20万円→1000万円

最後の人なんて、1週間で20万円が1000万円ですからね。夢のある世界です。

これまでの投資法に比べて、とてつもなくリターンが大きいということがお分かりいただけたと思います。

2020/05/14 追記

給付金の10万円(正確には前借りですが)から、わずか2日で65万円の利益を出している人をTwitterで発見しました。

やはり皆、考えることは同じですね(笑)。

しかし甘い蜜には毒があるのもまた事実。ここまではFXの正の側面ばかり説明してきましたが、当然FXにはリスクもあります。

ここからはFXのリスクについて説明していきましょう。

皆さんは、FXのリスクは何だと思いますか?

きっと多くの方は「FXで負ける」=「借金」だと考えているのではないでしょうか?

しかし実際の所、この考え方は半分本当で半分嘘です。

確かに実際、FXで大損こいて借金を負っている人はいます。

せっかく給付金で10万円手に入れたのに、それがマイナスになってしまったら溜まったもんじゃありません。

しかしこのような悲劇が起こるのには原因があります。

それは、取引に使っているFX業者に追証という制度の存在です。

追証がある業者の場合、口座残高がマイナスになる可能性はあります。その一方で追証が無い業者の場合は、口座残高がマイナスになることはありません(たとえマイナスになってもすぐにゼロにリセットしてもらえます)。

なので先程の「FXで負ける」=「借金」を正しく説明すれば、

・追証ありの業者の場合→負けて口座残高がマイナスになり、借金を負うのが最大のリスク

・追証無しの業者の場合→負けて種銭がゼロになるのが最大のリスク

つまりFXで借金を負いたくない方は、追証の無いFX業者でトレードをすれば良いのです。

この場合なら、どんなに下手なトレードをしても給付金の10万円がマイナスになることはありません。最悪ゼロになるだけです。

世の中に追証がある業者と追証が無い業者がある原因は、その取引形態の違いにあります。

追証のある業者はOTC方式、無い業者はNDD方式という取引形態をとっているのです。

OTC方式(DD方式)

・トレーダーの注文を通す前に、FX業者が決済してるのでトレーダーが得をすればFX業者は損をする。つまり、トレーダーとFX業者の利害は正反対だということ。

NDD方式

・トレーダーから徴収する手数料から利益を出しているので、トレーダーに取引してもらえばしてもらうほどFX業者は儲かる。つまり、トレーダーとFX業者の利害は関係ない

OTC方式を取っている業者の場合、FX業者はトレーダー達に負けてもらわないと利益を得ることが出来ません。

なので、たとえトレーダー口座残高がマイナスになっても、それを徴収しなければ業者としてやっていけなくなるのです。

一方でNDD方式を取っている業者の場合は違います。

NDD方式の場合、トレーダーから徴収する手数料がFX業者の収益のメインなので、トレーダーが取引すればするほどFX業者は儲かります

そのためNDD業者からしてみれば、トレーダーが大負けしてFX業界から退場してしまうと非常に困るのです。

トレーダー達に、借金のリスクに怯えること無くトレードをしてもらいたいと言う理由から、NDD業者はマイナス残高をリセットしてくれるという事ですね。

僕が一番オススメしている、XM(XMTrading)という業者(NDD方式)も、公式ページにはっきりとマイナス残高をリセットすると書いています

僕自身、少額でトレードしていた時代は何回かマイナス残高リセットのお世話になりました。

最近は慎重なトレードを心がけているので残高がマイナスになることはありませんが。

XM 追証無し

 

借金のリスクに怯えないためにも、僕はNDD方式を採用しているFX業者でトレードすることを強く勧めます。

ではNDD方式を採用している業者とはどのような業者なのでしょうか?

答えは海外のFX業者です。

というより日本以外の国のFX業者は大体がNDD方式を採用しています。何故か日本の業者だけはガラパゴス化が進んでいて、どこもOTC方式なんですよね・・・。

先程紹介したXMという業者もバリバリ日本語をサポートしていますが、海外の業者です。

まとめ

以上より、僕はコロナの給付金10万円で投資を始めるのなら海外FXを始めることを勧めます。

他の投資に比べて資金効率が圧倒的に良いのに加えて、国内FXのように借金を負うリスクも無いからです。

一口に海外FX業者といっても様々な種類があり、上級者はトレードの方法によって様々な業者を使い分けるのですが、初心者の方には先程も紹介したXMという業者を僕はオススメします。

何故なら、

✓サイトもサポートも日本語対応

✓使っている日本人が多い

✓通貨数が豊富

多額の出金も問題なく出来る(悪質業者だと出金を渋られることがある)

からです。

特に重要なのは、使っている日本人の多さと出金拒否されない点ですね。

日本人に人気ということは、なにか使っていて分からないことがあった時も、大体はネットで検索すれば日本語の記事がヒットするということです。

外国人しか使っていない業者の場合、いくら検索しても英語の記事しか出てこないので困りますよね。

それに、万が一それでも分からなかった場合はサポートに電話なりメールなりチャットなりすれば、解決してもらえます。

英語に自信のある人にとってはあまり関係のない話かもしれませんが、僕のように英語が苦手な人にとっては、日本人に人気な業者かどうかというのはかなり重要です。

そしてもう一つ、多額の出金も渋られないという点も非常に重要です。

たとえ10万円を1000万円にしたとしても、出金出来なければ何の意味もありませんからね。

信じられないかもしれませんが、世の中には出金を渋るFX業者というのも存在します

↓出金拒否の事例

その点、XMはネットで検索しても出金拒否された事例というのは見当たりませんし、何より僕自身1000万円超の出金が問題なく出来ているので安心です。

今回の記事はこれで以上です。

早速XMを利用してみたいと思った方は、以下の記事で登録方法を解説しているのでぜひ読んでみて下さい。

XMの登録方法解説記事

もう少しXMについて知りたいという方は、以下の記事でより詳しくXMについて解説しているので、こちらもぜひ読んでみて下さい。

XMについての解説記事

 

えっ? 僕は給付金の10万円を何に使うか気になりますか?

当然、海外FXに全額入金する予定です(笑)。

 

 

XM ロゴ

XMの特徴

✔レバレッジが最大888倍までかけられる

✔サイトもサポートも日本語対応

✔全世界の口座開設数が100万を突破

✔多くの日本人が使っているから、ググれば使い方もすぐに分かる

✔追証なし

✔入出金の反映が速い(場合により、BTC出金に時間がかかることもあるが)

✔様々なボーナスを受け取ることができる

登録方法の解説記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。