Axioryの代わりは? 出金停止、bitwallet契約解除?

Axiory 代わり

2019年2月、bitwalletから衝撃的なお知らせが届きました。

Axiory bitwallet

【注意喚起】AxioryGlobal社との契約解除について
日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。
同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。
当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。
ご利用中のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。
AxioryGlobal社との契約解除に関するご質問等は、サポートデスクまでお問合せください。

簡単に要約すれば、Axioryが危ないから今すぐ出金しろというお知らせです。

現在AxioryでFXをやっている人が、今すぐすべきことは以下の2つですね。

1.とにかくAxioryから今すぐ出金する

Axioryの公式サイトはこちら

2.出金申請したら、代わりのFX業者を探す(僕のオススメはXM(XMTrading)です)

XMの公式サイトはこちら

以下、僕がXMをオススメする理由や、今回のAxioryの騒動が起こった流れの説明をしますが、まだAxioryから資金を抜いていない人は今すぐ資金を抜いてください

スピードが命です。

もたもたしてると、本当に出金出来なくなります。

出金申請のボタンを押してから、この記事の続きをじっくり読んで下さいね。

Axioryの代わりの海外FX業者は何だ?

Axioryで出金申請は行いましたね?

それでは、僕が皆さんにオススメしたいAxioryの代わりの海外FX業者を紹介します。

僕のイチオシは、XM(XMTrading)ですね。

何故XMをオススメするのか。

主な理由は以下の2つです。

✓今回のAxioryのような事態になる可能性が、XMなら限りなく低い

✓XMのZero口座ならスキャルピングが十分可能

以下、それぞれの理由について詳しく掘り下げていきます。

ちなみに、特にXMの口座を開設することに抵抗が無い方の場合、先に開設の手続きを行うことをオススメします。

手続きを行ってから実際にトレードが出来るようになるまでに、少し時間がかかりますからね

スキャルピングメインでトレードする方は、口座タイプはZero口座

スイングトレードメインの方は、スタンダード口座を開設しましょう。

XMの圧倒的信頼力

今回、Axioryが窮地に陥った理由は“Sparkasse”という銀行から取引停止処分を受けたからです。

「取引停止処分=Axiory完全終了」という訳ではありませんが、非常にAxioryが危険な状態であることに変わりはありません。

ネット上の反応を見ても、それは明らかです。

今回の騒動のTwitter上での反応(タップ or クリック でオープン)

今回bitwalletから、突然Axioryが危ないという発表がありましたが、実は以前からAxioryが危ない兆候はありました。

 

これは、FXをやりながらYoutuberとしても活動しているオーリーさんという方が、2018年5月に投稿した動画です。

この動画の内容は、Axioryで酷い約定拒否、ストップ刈りを食らったというものです(詳しくは動画を見て確認して下さい)。

当たり前ですが、まともな業者はストップ刈りなんて行いません

その他のFX業者と比べて、Axioryだけチャートの形が違うなんて異常でしょう。

僕だったら、こんな怖い海外FX業者ではトレード出来ません。

海外FX業者選びで一番重要なのは、信頼性です。

例えスプレッドが狭かろうが、取引手数料が安かろうが、出金拒否されたりストップ刈りをするような業者を利用する意味は、全くと言っていいほどありません。

目先の僅かな利益を気にして、大きなものを失うとは、まさにこのことです。

では、安全性が高い海外FX業者は、どこなのか?

それがXM(XMTrading)です。

僕がXMの信頼性を高く評価している理由は、以下の3つですね。

1.口座開設数は100万を突破しており、日本でも圧倒的知名度を誇る

2.約定拒否をされたことは無いし、約定拒否されたという話も聞かない

3.僕自身1000万円超の出金に成功している

 

その時の記事→XMで1000万超の出金に成功!!(パスワード付き記事:xm1000manがパスワード)

XMの運営歴、口座開設数

1つ目の理由はXMの圧倒的な知名度ですね。

おそらく皆さんも、この記事を読む以前からXMという名前くらいは聞いたことがあると思います。

2018年には口座開設数が100万を突破し、海外FX業者の中では最大の知名度を誇ります。

僕は、海外FX業者の知名度と信頼性の間には、ある程度の相関関係があると思っています。

マイナーな業者は、やはり信頼性もイマイチなことが多いですし、有名な業者は信頼性も高いことが多いです。

そして、AxioryとXMでは、比較にならないほど知名度が異なります。

もちろんXMだって使えなくなる可能性がゼロではありません。

しかし、これだけの知名度を誇るXMが使えなくなった時は、日本国内での海外FXの利用も終わりになる日でしょう。

XMが使えなくなる可能性は非常に低いと僕は考えています。

XMでは、約定拒否が無い

先程のオーリーさんの動画で、Axioryの約定拒否についての話がありましたが、XMでは約定拒否ということはほとんどありません

唯一、注文が通りづらくなるのは、雇用統計などで相場が急変する時くらいですね。

ましてや、チャートを操作してストップ刈りなんてことも全くありません

これらの事実も、XMの信頼性を証明する一つの指標となるでしょう。

高額出金も問題ない

XMでは、高額出金も全く問題なく行えます。

それは何より、僕自身が1,000万円以上の出金をしたことがあるので胸を張って言えますね。

関連記事

その時の記事→XMで1000万超の出金に成功!!

(パスワード付き記事:xm1000manがパスワード)

上の記事を読んでいただけば分かる通り、少々面倒な出金方法を選んだせいで1,000万円中200万円の出金には時間がかかりましたが、800万円は一瞬で出金されましたし、200万円も最終的には何の問題もなく出金されました

高額出金が可能か否かは、海外FX業者の信頼性を図るのに持ってこいの指標です。

ひどい業者だと、高額出金しようとした途端に口座凍結するところもあります

出金拒否の事例(タップ or クリック でオープン)

このように酷い業者は、利益を出しても出金させてくれません。

その一方、XMは高額出金でも何の問題もなく応じてくれます。

僕がXMに最大の信頼を置く理由はこれですね

でもXMってスキャルピング出来るの?

Axioryでトレードをしていた方の多くのトレードスタイルは、スキャルピングだったのでは無いでしょうか?

Axioryの最大の特徴は、スプレッドの狭さでしたからね。

すると、皆さんが気になるのはXMでもスキャルピングが可能なのかでしょう。

結論から言えば、XMでのスキャルピングは十分可能ですね

XMには、スタンダード口座マイクロ口座Zero口座の3種類の口座タイプが存在します。

その内の、スタンダード口座とマイクロ口座は手数料が高すぎるのでスキャルピングは難しいですが、Zero口座ならスキャルピングでの利用でも十分実用的です。

そもそもZero口座はスキャルピング用の口座タイプですしね。

公式サイトのZero口座の説明を見ても、それは明らかです。

スキャルピングOKと明言されていますね

Zero口座は他の口座タイプと違い、ボーナスがない代わりに手数料は安く抑えられていることが分かります。

正直それでも、Axioryのスプレッドと比較したら勝てないのは事実です。

しかし、その差は僅かです。

僕自身、Zero口座でスキャルピングをすることもありますが、全然普通に利益を出せています。

XMの信頼性を考えれば、これくらいは安いでしょう。

本当にXMのZero口座のスプレッドでも大丈夫か確かめたい方は、少額で、まずは試してみて下さい

まとめ

今回は、Axioryの代わりとして最有力なのはXM(XMTrading)であるという内容を力説しました。

Axioryのスプレッドと比べると、僅かにXMの方がスプレッドが広いため、この意見には賛否両論あるかもしれません。

しかし意見を否定するにしても、その前にXMでトレードしてみるのは重要だと僕は思います

XMのZero口座でトレードした上で、やはり自分には向かないと思えば、別の業者をまた探せば良いのです

個人的にはXMが一番いいと思ってますけれどね。

今後Axioryがどうなるかは、現時点ではまだ誰にも分かりません。

新たな情報が分かり次第、追記していきたいと思います。

 

追記

Axiory側も声明を発表しました。

Axiory曰く、今回のbitwalletの情報は正確性を著しく欠くものであり銀行取引停止処分は受けていないと言っています

新たにユニオン銀行と、Doha銀行と提携するため問題無いというのがAxioryの言い分ですね。

bitwallet側との言い分とは真っ向から対立しています

正直、どの情報が正しいのかは現時点ではよく分かりません。

しかし、今回の騒動でAxioryの信頼性が大きく揺らいだのは事実です。

例え今後Axioryが使えるようになったとしても、多額の資金を入金することはオススメしません

今は出金して様子を見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。