4万円で買えるiPad  高校生、大学生におすすめ!

シェアする

皆さんこんにちは。

皆さんは、タブレット持ってますか?

僕は持ってます。Androidタブレットの「Qua tab 02」です。

(Qua tab 02のレビュー記事はこちら

webサーフィンは快適だし、電子書籍もなんの問題も無く読むことができ、大変満足しています。

ただ、僕がこのタブレットを買った理由って、iPadが高かったからなんですよね。iPad Pro(10.5インチ)の値段を見てみてください。

¥69,800 (税別)

・・・。僕のような貧乏大学生にこんな金額出せるわけありませんね。

そういう訳で、僕はQua tab 02 を買いました。

ところがどっこい!!

どうやら最近、廉価版のiPad が発売されたようです。

その名も「新しいiPad」。価格は

¥37,800 (税別)

これなら、ギリギリ出せそうな金額です!

でも、新しいiPadとiPad Proとの違いって何なんでしょう。

全く同じだったら、価格がここまで変わるわけがありませんよね。

そこで今回は、どの部分で、新しいiPadがiPad Proと3万円以上の差がついているのかを調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは、スペックの比較

いずれも、Wifiモデルの中で、最安のものを選択しています。

  新しいiPad iPad Pro(10.5インチ)
価格 37,800円 69,800円
画面の大きさ 9.7インチ 10.5インチ
容量 32GB 64GB
169.5mm 174.1mm
高さ 240mm 250.6mm
厚さ 7.5mm 6.1mm
重さ 469g 469g
解像度

2,048×1,536

264ppi

2,224×1,668

264ppi

チップ A9 A10X
メインカメラ

800万画素

f2.4

1,200万画素

f1.8

インカメラ

120万画素

700万画素

動画撮影

4K撮影

1080p(2K)撮影

主な、スペックは以上の通りです。さすがに、iPad Proの方が価格が高いだけあって、全体的に性能もいいですね。

ただ、高校生や大学生が使う分に、そこまで高性能である必要があるでしょうか?以下、それぞれの機種を様々な面で比較していきたいと思います。

画面

新しいiPadは、今までのiPadと同じ9.7インチ。一方、先日発売されたばかりのiPad Proは画面のサイズが10.5インチ。確かに、iPad Proの方が大きくて使いやすいとは思いますが、大した差では無いと思います。

その他に、両者が違うのは、フルラミネーションディスプレイであるかないかですね。

新しいiPadは、映り込みの少ないフルラミネーションディスプレイを採用していないので、映り込みが気になるかもしれません。

とはいえ、室内で正面から画面を見たときは、どちらも大差ありません

フルラミネーションディスプレイがその威力を発揮するのは屋外ですが、そんなに屋外で使う機会も無いのではないでしょうか。

それに、たとえ屋外だったとしても正面から見れば問題なく使えます。

デザイン

全体的に新しいiPadは、iPad Proと比べてしまうと、デザインが安っぽいですね。iPad Proは、全体的に光沢がありますが、新しいiPadには、それがありません。

とはいえ、iPad Proと比べるから安っぽく見えるのであって、他のAndroidタブレットに比べれば、随分洗練されていると思います。

何と言っても、あのAppleが出しているのですから、デザインが極端にチープになることなどありえません。

十分、許容できる範囲です。

持ち運びのしやすさ

持ち運びのしやすさは両者とも同等、というかむしろ新しいiPadの方が勝っています。

重さが、500gを切っているのが良いですね。気軽にカバンに入れて持ち運びができます。

厚さは新しいiPadが7.5mm、iPad Proが6.1mmと、iPad Proの方が薄いですが、正直この辺はあまり気になりません。

むしろ、ある程度厚みがあったほうが持ちやすいくらいです。

あんまり薄すぎると、折れそうで怖いですものね。

処理速度

新しいiPadのチップがA9、iPad ProのチップがA10Xと、iPad Proの方が最新のチップを使っています。なので、もちろんiPad Proの方が処理速度も上です。

しかし、映像編集をするつもりの人以外は、A9チップで十分です。3Dのゲームだって、A9チップで十分快適に動きます

Antutuというベンチマークソフトだと、新しいiPadのスコアが12万点台。iPad Proのスコアが17万点台です。

正直言って、一般の人にとっては、10万点以上のスコアなら十分すぎるほどの性能です。12万点でも17万点でも、多くの人はその差を実感することはできないでしょう。

webページだって、動画鑑賞だってサクサクです。

ちなみに、僕が持っているQua tab02のスコアは3万点台です。

これでも、webページの鑑賞や動画再生は余裕ですよ。

カメラ

メインカメラの差は、800万画素と1,200万画素と大差無いのですが、インカメラの差は結構大きいですね。

新しいiPad が120万画素なのに対し、iPad Pro は700万画素。新しいiPad のメインカメラなみの画素数です。

ただ、よく考えてみて下さい。インカメラってそんなに使いますか?

少なくとも僕はそんなに使いません。せいぜい、Skypeでビデオ通話するときぐらいでしょう。そのくらいしか使わないのであれば、120万画素でも十分です。

普通に写真を撮りたいときは、メインカメラで撮ればいいだけの話ですよ!

Appleペンシルへの対応

Apple ペンシルに対応しているのは、iPad Proの特権ですね。画面に、手が触れても問題なく使えるのは、結構、画期的です。iPadで精密なイラストを書きたい方なら間違いなくiPad Proを買うべきです。

ただ、PDFの資料とかに、手書きで注釈を入れたり、手書きのメモを取ったりするだけなら、別に、普通のタッチペンでも十分なんですよね。ペン先が細めのタッチペンを使えば、かなり精密に書くことができます。イラストを書くつもりが無いならこれで十分すぎるくらいです。

結局、新しいiPadはどうなの?

高校生、大学生の皆さんは、ぜひ一台買っておくべき端末です。

そもそも、何故Appleはこのタイミングで廉価版のiPadを発表したのだと思いますか?

答えは、教育現場でiPadを普及させるためでしょう。

今までのように、6~7万円台では、なかなか教育現場に普及させることは困難です。

でも、4万円で買えるのなら、学生も買いやすくなりますし、高校や大学などで、学校が一括で導入することも可能な金額です。

iPad Proは、映像編集をする方や、イラストを書く人など、一部のプロの人達用の端末です。

僕ら一般人は新しいiPadで十分、というかこの性能ですら手に余るくらいだと思います。

今、自分が持っているタブレットの動作がカクカクで、iPadに買い替えたいと思っている人には、ぜひおすすめしたい端末ですよ。

初めてのタブレットにも最適ですね。動作がカクついて、ストレスが溜まるということは一切ありません。

皆さんも、家庭に一台iPad。是非いかがでしょうか?

タブレットがある生活に慣れると、もう元には戻れないくらい快適な生活が送れますよ!

ちなみに、もっと安くタブレットを買いたい方は、僕が今使ってるQua tab 02を買うという選択肢もありますよ。