XM KIWAMI極口座の特徴は?

2022年に海外FX業者であるXMに新しく追加された口座タイプであるKIWAMI極口座。

スキャルピングに特化した口座ということで話題になっていますが、実際どのような特徴がKIWAMI極口座にはあるのでしょうか?

本記事では、KIWAMI極口座の特徴について詳しく紹介していきたいと思います。

XMでスキャルピングをしたい方は、ぜひ参考にしてください。

開設方法の説明記事はこちら

※2023年3月24日追記 KIWAMI口座について、より詳しい記事を作成しました。ぜひ以下の関連記事を御覧ください

KIWAMI極口座のメリット・デメリット

KIWAMI極口座の最大のメリットは、スプレッドが非常に狭く、手数料も安いことです。これにより、スキャルピングによる利益を最大化することができます。また、レバレッジが最大1,000倍と高いため、小額資金でも大きなポジションを持つことができます。さらに、入金方法が多岐にわたっているため、利用しやすいという点もあります。

一方で、KIWAMI極口座にはデメリットもあります。レバレッジが高いため、リスクも高くなります。また、スキャルピング取引に特化しているため、長期的な投資には向かないという点もあります。加えて、初心者にはやや難易度が高い取引口座とも言えます。

KIWAMI極口座を使うべき人

KIWAMI極口座を使うべき人は、スキャルピング取引を行う上級者のトレーダーです。スキャルピング取引は短期間で行われるため、細かい値動きに注意を払いながら、素早い決断を下す必要があります。また、取引スピードも非常に早いため、手数料が安くスプレッドが狭いKIWAMI極口座のような環境が必要となります。

KIWAMI極口座とゼロ口座の違いは?

XMにはKIWAMI極口座とゼロ口座の2つの口座タイプがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

まず、KIWAMI極口座はSTP方式の口座になります。STP方式は、手数料がスプレッドのみなので、取引コストが低くなります。そのため、スキャルピングをする上では非常に優れた口座タイプと言えます。

一方、ゼロ口座はECN方式の口座になります。ECN方式は、スプレッドに加えて取引手数料もかかるってしまうという特徴があります。

激しくトレードをするスキャルパーにとっては、STP方式であるKIWAMI極口座の方が適していると言えるでしょう。

KIWAMI極口座でこそスキャルピングはすべき

KIWAMI極口座は、スキャルピングに適した口座タイプとして知られています。その理由は、スプレッドが狭く、取引コストが低いため、高頻度のトレードを行っても、取引コストが膨大にならないからです。

また、KIWAMI極口座では、約定力が非常に高いという特徴もあります。つまり、高速で大量の注文を出すスキャルピングにおいても、リクオフやスリッページが起こりにくいため、よりスムーズに取引を行うことができます。

ただし、スキャルピングには高いテクニックが必要であり、市場状況によっては思わぬ損失を被ることもあるため、初心者の方は注意が必要です。

また、XMはスキャルピングに関する制限を設けていないため、高頻度取引が可能です。スキャルピングは、短時間で小さな利益を積み重ねることで利益を確保する手法です。そのため、高頻度取引ができることは、スキャルピング取引を行う上で非常に重要なポイントです。

さらに、KIWAMI極口座では、最大レバレッジ1:1000まで設定可能であり、スキャルピングをより効果的に行うことができます。高いレバレッジを活用することで、少額の資金でも大きな利益を得ることができますが、それにはリスクも伴います。そのため、レバレッジを設定する際には、自分がリスクをどれだけ負担できるかを考慮した上で、慎重に決定することが必要です。

まとめ

XMのKIWAMI極口座は、スキャルピングに適した取引口座であることがわかりました。最も狭いスプレッド、高速実行、高頻度取引が可能な環境、そして高いレバレッジを備えているため、スキャルピングを行うトレーダーにとっては非常に魅力的な口座です。

ただし、XMの口座を開設するには、一定の審査が必要であることに留意する必要があります。また、スキャルピング取引は、相場の変動が激しいため、リスクが高いという点にも留意が必要です。トレーダー自身が十分な知識を持ち、リスク管理を徹底することが、スキャルピング取引で成功するための重要なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です