Purse.ioを使ってAmazonで商品をお得に割引価格で購入しよう!【最大35%OFF】

シェアする

皆さんこんにちは。

皆さんは、「Amazonでの買い物をもっと安くできたらな~」って思ったことありませんか?

僕は何度もあります。

そんな私達に朗報です!

なんと、Amazonの商品を10%~35%OFFで購入できてしまうサイトを見つけてしまいました。

その名も、Purse.io

正直、最初のうちは「胡散臭いサイトだな~」と思っていましたが、実際に20%引きで商品を買うことができたので、最近は頻繁に利用しています。

もっと早くこのサイトの存在を知りたかったくらいです。

何故、このサイトを利用するとAmazonの商品を割引価格で利用することができるのでしょうか?

以下、その仕組みと商品の購入方法を説明したいと思います。

スポンサーリンク

Purse.ioで商品が安く買える仕組み

Purse.ioで商品が安く買える理由は、このサイトでの支払いが、全てビットコインで行われるからです

なので、ビットコインをまだ持っていないという人は、とりあえず取引所のアカウントを開設しましょう。アカウント開設方法は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事:Coincheckのアカウント登録方法(本人確認の手順、買い方など)を徹底解説!

何故、ビットコインの支払いにすると商品を安く買うことができるのか?

それはPurse.ioが、「Amazonの商品を安く買いたい人」と「余っているAmazonギフト券をビットコインに変えたい人」のマッチングサイトだからです。

よく金券ショップなどで、余った図書カードを額面の90%位の価格で買い取ってもらいますよね?

この場合、差額の10%は金券ショップの儲け分となりますが、Purse.ioではその差額の分が私達の買いたい商品の割引に使われるということです。

デメリットとしては、商品の購入に多少の時間がかかるということですね。

Purse.ioで商品を購入する場合の流れは以下のようになります。


私達が、欲しい商品をAmazonの欲しいものリストに追加してPurse.ioに公開。そして、この時にディスカウントの価格10%~35%を自分で決める(この時に、ディスカウントの価格を大きくしすぎると、商品を買ってくれる人が現れない可能性アリ)

余っているAmazonギフト券をビットコインに変えたい人が、私達の代わりにギフト券を使って欲しいものリストにある商品を購入。

商品が無事に届いたら、商品を買ってくれた人に、私達がビットコインを送金


こうすることで、私たちは商品を安く買うことができ、相手もギフト券をビットコインに換金できるので、両者Win-Winの関係を築く事ができます。

ちなみに、自分の住所が相手に知られるのではと心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、正しく設定すれば、名前や住所が相手に知られることはない(都道府県だけは知られる)ので安心して下さい。

登録方法

それでは、早速登録していきましょう。

とりあえず、Purse.ioのページにアクセスして下さい。

Purse.ioのページ→ https://purse.io/shop

ちなみに、上のリンクからPurse.ioを登録すると、あなたが100ドル以上購入した場合、僕にもアナタにも5ドル相当のビットコインが振り込まれるのでぜひ、上のリンクから登録お願いします!(笑)

アクセスしたら、右上のSIGN UPボタンをクリックしましょう。

すると、上の画面が出てきますので、空欄にEメールとユーザーネーム、後はパスコードを打ち込んで、「CREATE ACCOUNT」のボタンを押して下さい。

すると、先程打ち込んだEメールのアドレスにメールを送ったという内容の画面が現れるので、メールを確認しましょう。

メールを確認すると、上記の様なメールがあるはずです。最後に、「Confirm Email」のボタンをクリックしたら登録は完了です。

基本的に、Eメールだけで登録できるので楽です。

購入編

登録が終わったら、早速購入していきましょう!

とりあえず、Amazonで欲しいものリストを作成する必要があります。

Amazon→ https://www.amazon.co.jp/

ページにアクセスしたら、とりあえずAmazonにログインしておいて下さい(Amazonのアカウントを持っていない人は作って下さい)

ログインしたら、右上の「ほしい物リスト」というところの「ほしい物リストを作成する」というボタンをクリックしましょう。

次に、適当にリストの名前をつけ、「リストは公開です」の状態にしたら、「ほしい物リストを作成する」ボタンをクリック。

 

続いて、「リストの設定」→「詳細を見る」ボタンをクリック

さて、名前や住所を匿名化するためには、次の作業が重要です

左の欄で、一番気をつけてほしいのは「受取人」の欄です。ここは、公開されるのでニックネームにしておきましょう。

右の欄も、「氏名」のところはニックネームにして下さい。

続いて、郵便番号や住所1は本当のことを書きましょう。でないと、品物が届きません。

続いて、住所2には、「あなたの名前 方」と書いて下さい。(何処かに氏名を書いておかないと、配達員の方が困ってしまいます。郵便番号や住所は都道府県以外は公開されないので安心して下さい)

佐藤○○さんだったら「佐藤○○方」といった感じです。

最後に、「第三者出品の商品の発送同意書」という所のチェックマークは必ず外しておきましょう

でないと、相手に住所がバレてしまいます。

最後に「変更を保存」ボタンをクリックすれば、ほしい物リストの作成は完了です。

後は、買いたい商品のページに行って、「ほしい物リストに追加する」のボタンを押せば、Amazon側の準備は終わりです。

次に、Purse.io側で作業をしていきましょう。

Purse.ioのページにアクセスしたら「Search items on Amazon and Purse」の所に、自分の欲しいものリストのURLをコピー&ペーストしましょう。

すると、上のような画面になります。青丸を移動させることで割引率を調節出来るのですが、初回はmax10%までしか割り引けないので、特に青丸をいじる必要はないと思います。

表示されている商品が、自分のほしいものであることを確認したら、「PLACE ORDER」のボタンをクリックしましょう。

そしたら、いよいよ支払いの準備です。画面に表示されたアドレスにビットコインを送金して下さい。送るべきビットコインの金額は「SUGGESTED DEPOSIT」のところに表示されています。

商品の価格より、「SUGGESTED DEPOSIT」の価格の方が少し高いのは、売買が成立するまでに、ビットコインの価格が変動してしまった場合のことを見越した対策です。

送金が終わったら、後は待つだけです。

初回は最大10%しか割引できないので、あまり心配する必要はありませんが、もっと割引できるようになった時、あんまり割引しすぎると誰も買ってくれず売買が成立しなくなるので気をつけましょう。

商品にもよりますが、20%引きくらいまでなら、待てば大体売買が成立します。

後は、基本的に待つだけです。

ページを見れば、今自分の商品がどんな状態なのかが分かります。

「STATUS」が「Shopping」表示になったらAmazonが商品を出荷したということなので、あと一息です。

最後に、商品が到着した後にもやるべきことが残っています。

商品が到着したら、「CONFIRM DELIVERY」ボタンをクリックしましょう。

このボタンを押した時点で、事前にサイトに送金しておいたビットコインが相手に支払われます。

最後に、相手を評価したら終わりです。

デメリット

一見いい事尽くしのPurse.ioですが、いくつかデメリットも存在します。

10ドル以上の商品しか買えない
相手に購入してもらうまでの間に、ビットコインが暴落すると損することもある
届くまでに時間がかかる
面倒

一番怖いのは、ビットコインが暴落した場合ですね。多少の変動なら問題ありませんが、30%位暴落してしまった場合、むしろ損してしまいます。

後は、商品が届くまでに1週間くらい時間がかかることもあるので、すぐに商品が欲しい場合はオススメできません。

まとめ

初めてPurse.ioで購入する時は色々と設定が面倒ですが、慣れてしまえばものの数分で注文できるようになります。

毎回、Amazonの商品が20%引きくらいで買えるのはかなりお得です。

というか、使わないとむしろ損ってレベルですね。

最近、Amazonの商品を買う時は、毎回Purse.ioにお世話になってます。

もっと早く、このサイトの存在を知りたかった・・・。

皆さんも、ぜひPurse.ioを有効活用してみてはいかがですか?