Amazonの支払い、クレジットカードを持たない中高生はどうすればいい?

シェアする

中学生、高校生の皆さん、Amazonで買い物はしますか?

数クリックで、商品が買えてしまうAmazonはすごく便利ですよね。

僕も日々、お世話になってます。

ただ、中高生がAmazonで買い物をする時、面倒なことが1つありますよね?

代金の支払いです。

大学生になればクレジットカードを持つことが出来るので、代金の支払いも楽なのですが、クレジットカードを持たない中高生は、意外と代金の支払いが面倒です。

そこで今回は、中高生が出来る代金の支払い方法を紹介していきたいと思います!!

スポンサーリンク

Amazonギフトカードを使う

一番オーソドックスな方法はこれですね。

皆さんも、1度は見たことがあるでしょう。

殆ど、どこのコンビニでも売ってます。

最低金額1,500円くらいから売ってますので、自分に合った額のギフトカードを買ったら、カードの裏側を削って、コードをAmazonの公式ページで打ち込みましょう。

公式ページはこちら

正直コードを毎回打ち込むのは面倒ですが、一番手軽に出来るのもこの方法ですね。

ただ、実はコンビニでギフト券を買うよりも、少しだけお得にショッピングが出来る方法があります。

それは、Amazonギフトカードのチャージタイプを使うという方法です。

Amazonギフトカード チャージタイプ

実は、Amazonのギフトカードにはチャージタイプと言うものが合って、これを使うとポイントを入手することが出来るのです!!

例えば5万円チャージすると、1.5%。つまり、750円分のポイントがつきます。

これってかなり大きいですよね?

詳しいポイント付与率は、Amazonの公式サイトを確認して下さい。

ポイント付与率を確認する

それでは、早速やり方を紹介して行きたいと思います。

まずは、公式ページにアクセスしましょう。

公式ページにアクセスする

予めログインしてあれば、このような画面が出てくるはずです。

そしたら、右側の「1円単位での金額入力」と言う所に、チャージしたい金額を打ち込んで下さい。

コンビニでギフト券を買う時は、最低1,500円チャージしなければいけませんが、こちらの方法なら15円以上でOKです。

あまり、高くない商品を買う時は、こちらを利用した方がいいですね。

ところで、次の画面で支払い方法を選択する画面が出てくると思うので、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択して、「次に進む」をクリックしましょう。

最後に「注文を確定する」ボタンをクリックすると、注文は完了です、

数分で、お知らせ番号が書かれたメールが届くはずなので、コンビニで支払いを済ませましょう。

支払いが終了してから暫く経つと、アカウントに金額がチャージされているはずです。

最大70分、反映までにかかるので、今すぐ商品が欲しい場合には向かないかもしれませんが、ポイントのためなら70分待ったほうがいいと思います。

代金引換

こちらも、よく使われる方法ですね。

配達員が家に商品を送り届けてくれた時に、現金で支払う方法です。

ただ、この方法だと手数料が余計にかかってしまうので、あまりオススメはできません・・・。

プリペイドカードを使う

中高生がクレジットカードを持つのは無理ですが、プリペイドカードなら問題なく作れます。

プリペイドカードは、クレジットカードとは違ってお金を使った瞬間に、引き落とされます。

クレジットカードのように借金は不可能なので、むしろ安心ですね。

それ以外は、クレジットカードと全く同じ感覚で使えますよ。

最近だと、バーチャルプリペイドカードの「VANDLE CARD(バンドルカード)」が有名です。

プリペイドカードなので、審査も何もありません

アプリをダウンロードして、欄をいくつか埋めれば登録完了です。

興味のある方は、ぜひ。

バンドルカード:誰でも作れるVisaカード

バンドルカード:誰でも作れるVisaカード
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted with アプリーチ

まとめ

以上、色々な方法を紹介してきましたが、僕が一番オススメするのは、Amazonギフトカード のチャージタイプを利用することです。

ポイントも付いて一番お手軽なので、ぜひやってみて下さい。

公式ページにアクセスする