スマホの落下防止対策に! iRing と BUNKER RINGが魅力的

シェアする

皆さんこんにちは。皆さんは、スマホを地面に落としてしまった経験はありますか?

僕は何回かありますよ。幸い今のところスマホの画面は無傷ですが。

でも、周りを見渡してみると結構スマホの画面が割れている人って多いんですよね。

毎朝乗る満員電車でも、3日に1人くらいスマホの画面が割れている人を目撃しますし、僕の友人にも何人かひび割れたスマホやタブレットを使い続けている人がいます。

でも、せっかく高いお金を出して買ったスマホやタブレットの画面が割れてしまったらとても残念ですよね。僕だったら、1日くらい再起不能になるかもしれません(笑)。

実は、そんな事態になるのを防ぐ便利なアイテムが世の中にはあるんですよ。そう、スマホに貼り付けるタイプのリングストラップです。

実は、僕も今までリングストラップの存在を知らなかったのですが、先日友人がスマホに貼り付けているのを見て、「すごく便利だな~」と思いました。

そこで、今回リングストラップのメリット・デメリット、そしてどのくらいの価格のものなのかを調査してみましたよ!

スポンサーリンク

リングストラップのメリット

スマホの落下を防いでくれる

こんな風にして、スマホの背中に貼り付けて使います。

主な用途は、もちろんスマホの落下防止です。リングに中指を通しておくことによって、万が一、手を離してしまっても、スマホが落下することを防ぐことができます。

ただ、それ以外にもメリットはいくつかありますよ。

大画面のスマホを片手で操作し易い

例えば、画面の大きなスマホを使う時。なかなか、スマホを片手で持つのってキツくありませんか?僕は、画面の大きさが5.2インチのXperia XZを使っていますが、それでも片手で使う時はいつも慎重になります。

「じゃあ、両手で操作しろよ!」と、思う方もいるかもしれませんが、満員電車の中だと、やはり片手は吊革を掴んでおきたいんですよね。

両手をスマホで塞いでしまうと、電車が揺れた時にとっさに吊革に捕まることができなくて不安です。

そんな時に、役に立つのがリングストラップ。僕も友人に貸してもらってスマホを持ってみましたが、リングストラップがあると全然安定感が違いますね!これなら、片手でも安心して操作することができます。

流石に、タブレットを片手で操作するのは不可能だと思いますが・・・。

スマホスタンドになる

リングストラップはこんな感じで、スマホスタンドとして活用することもできます。

これ結構便利そうじゃないですか?

家でスマホを使ってyoutubeとか見る時、正直ずっと手で持ってるのってつかれるんですよね。

寝る前に、布団でゴロゴロしながら動画を見るときも、これを使えば手で持つこと無く動画視聴に集中できます。

ますます、買いたくなってきました(笑)。

ただただ、かっこいい

普通にかっこよくないですか?何か指輪みたいで面白いですし。きっと、友達や知人などにも「それ何?」って聞かれますよ。話のネタにもなりますね(笑)。

メリット

スマホの落下を防いでくれる
大画面スマホを片手で操作しやすくなる
スマホスタンドになる
かっこいい

リングストラップのデメリット

スマホを水平に置くことができなくなる

リングストラップをつけることによって背中が出っ張ってしまうので、これはしょうがないことですね。

一応、画面側を下にしておけば水平に置くこともできますが、それでスマホの画面が傷つくのも嫌ですしね・・・。

まあ、ただ、そんなに水平にスマホを置くことに意味があるかって言われると、そんなに意味があるわけでは無いような気がします。

スマホが水平に置けないからって、特に不利益が生じるわけでもありませんからね。

一部のスマホケースは使えなくなる

革製など、柔らかい素材で作られたケースを使っている人は要注意です。

接着面に凸凹があると、リングストラップが十分スマホにくっつきません。最悪の場合、「リングストラップをつけていたのにスマホを落としてしまった・・・」なんて事態にもなりえます。

プラスチック製などの、硬い材質でできたスマホケースを使っている人は何の問題もないのですが、僕のように柔らかい素材でできたスマホケースを使っている人はよく考える必要がありますね。

正しい外し方をしないとスマホがぶっ壊れる

リングストラップを外す時に、正しい方法でやらないと、最悪スマホにヒビが入るので気をつけましょう。

 
スマホにヒビが入るのを防ぐためにリングストラップを買ったのに、そのせいでスマホにヒビが入ったら本末転倒ですよね。
 
くれぐれも、外す時は力任せにやるのではなく、正しい方法で外しましょう
 

デメリット

スマホを水平に置くことができなくなる
一部のスマホケースが使えなくなる
正しい外し方をしないとスマホがぶっ壊れる

リングストラップの価格は?

リングストラップ業界は、今のところ「iRing」と「BUNKER RING」が二大ブランドのようです。

どちらのリングストラップも、価格はだいたい2,000円くらいです。

iRing

色、と言うかデザインのバリエーションがものすごくたくさんあります。Amazonにあるだけでも、21種類ありますね。

 
リングの下の部分が、たいらになっているところが魅力的です。

BUNKER RING

iRingよりも、薄いのでスペースはとりません。見た目もなかなかスタイリッシュですね。 

ただ、リングの角度の調整が難しいようです。スタンドとして使いたいのなら、iRingの方が良いと僕は思います。

まとめ

以上、ここまでリングストラップについて紹介してきました。僕はBUNKER RINGではなく、iRingを買おうと思います。

やはり、スマホスタンドとして使おうと思うと、iRingの方が微調整がききますし、僕の友人が使っていたのもiRingですからね。

価格は2,000円ほどかかってしまいますが、スマホを落としてしまった時の損失に比べれば、これくらいは払ってもいいでしょう。

あと、もしもiRingを買おうと思っているのなら類似品には注意してくださいね。

基本1,000円以下で買えるものはアウトだと思っていいでしょう。

購入を検討している方はぜひ、参考にしてみて下さい。

 
 
スポンサーリンク

シェアする

フォローする