HotForex(ホットフォレックス)の評判・ボーナス・スプレッドは? XMからの乗り換えもあり得るハイスペック海外FX業者!

今回は、最近話題の海外FX業者HotForexのレビューをしていきたいと思います。

結論から言うと、HotForexはかなりハイスペックな業者です。

2018年9月現在、当ブログの海外FX業者オススメランキング第1位はXMですが、

近いうちにこのランキングも変えなきゃいけなくなるんじゃないか・・・?

と思わせるくらいにはHotForexは使いやすいですね。

HotForexの主なメリット・デメリットは以下の通り。

メリット

✓追証なし(借金を負う可能性が無い)

✓最大レバレッジ1000倍(プレミアム口座は400倍)

✓ボーナスがXMよりも豪華

✓スプレッドもXMより狭い

デメリット

✓銀行からの直接入金ができない(間にbitwalletを挟めば銀行からの入金も可能)

✓口座が円建てに対応していない(ドルかユーロ建てのみ)

✓現時点での国内での知名度はXMほど無い

ズバリHotForexがオススメなのは、

これまでXMを使ってきたけど、もっとハイスペックな業者にも挑戦してみたい!!

という方ですね。

HotForexはXMをかなり意識しているようで、ボーナスやスプレッドはXMよりも全て少し上に設定されています。

スペックだけで言えば、HotForexの方がXMよりも上なのは間違いないと思いますよ。

今のところは国内での知名度を考えて、海外FXが初めての方にはXMを紹介していますが、海外FX経験がすでにある方はHotForexを利用することを強くオススメしたいですね。

以後HotForexの詳細なレビューをしていきたいと思います。

登録方法が分からない方用の解説記事はこちら

HotForexでFXをすることのメリット

追証がないから、借金のリスクはゼロ

XM 追証無し

海外FX業者を利用するなら、「追証なし」は必須の条件です。

僕の場合、「追証なし」が保証されていないFX業者では取引しないようにしています。

追証があったら、借金のリスクに怯えて、大胆なトレードができなくなってしまいますからね。

当然、HotForexも追証はありません

HotForex 追証なし

安心して、ハイレバトレードを楽しむことができますよ。

信頼性も確か

HotForex 信頼性

海外FX業者を選ぶ上で、非常に重要なのは信頼性。

いくらトレードで儲けても、出金できなければ何の意味もありませんからね。

その点、HotForexは信頼性も確かです。

HotForexの会社が設立されて2018年で8年目となりますが、出金できなかったという話は全くありませんし、理不尽な口座凍結や追証の請求も見受けられません。

金融ライセンスも、日本人向け口座は緩いライセンスしか持っていませんが(日本の金融庁対策)、ヨーロッパ向け口座では取得が難しいと言われているキプロスのCySECを持っているので問題ないでしょう。

HotForexの信頼性はXMと同等だと考えてOKです(XMも日本人向け口座の金融ライセンスは緩く、他国向け口座の金融ライセンスはキプロスのCySECを持っています)。

万が一の場合の補償

HotForexの信頼性は、かなり高いので倒産することは考えづらいですが、万が一HotForexが潰れたとしても、顧客からの資金は分別保管されているのでお金は安全です。

証拠金、持っているポジションの利益など、全てが保証されていると考えていいでしょう。

更に、HotForexは最大500万ユーロ(6.5億円)の保険にも加入しています。

↓保険証書の画像

HotForex 保証書

この保険は、万が一分別保管でもダメだった場合を想定して入られたものです。

分別保管+民事賠償保険」の2重で資産は守られているので、信頼性はかなり高いと言えます。

ボーナスが豪華

HotForex ボーナス

XMのボーナスも豪華ですが、打倒XMを狙っているだろう(私の憶測ですが)HotForexのボーナスは更に豪華です。

HotForexで用意されているボーナスは全部で3種類。

この内1種類を自分で選ぶことができます(3種類全て選べる訳ではないので注意)。

100%スーパーチャージボーナス(僕のイチオシ)

僕が一番オススメするボーナスです。

✓入金額に対して100%のボーナス(条件は250ドル以上の入金。最大50,000ドルまでもらえる)

✓1ロット取引するごとに、2ドルのキャッシュバック(最大8,000ドルまでもらえる)

XMでも入金額に対して100%のボーナスを行っていますが、上限は500ドル。

その後は20%のボーナスですが、それも最大4,500ドルまでです。

それに対してHotForexは、100%のボーナスが50,000ドルまでもらえます

XMとは桁違いですね。

これだけでも、このボーナスがいかに豪華かわかるでしょう。

おまけに、1ロット取引するごとに2ドルのキャッシュバックももらえてしまいます。

HotForexには、あと2種類のボーナスがありますが、このボーナスが明らかにお得だと僕は思います。

僕が100%スーパーチャージボーナスを選んで、口座に1,000ドル(11万円くらい)振り込んだ時のスクリーンショットです。

きちんとボーナスが1,000ドル分加算されていることが分かりますね(取引IDは、一応個人情報なので塗りつぶしてます)。

HotForex ボーナス 証拠

一つ注意して欲しいのは、現金がゼロになった場合にボーナスも消滅してしまう点ですね。

XMの場合は残高ゼロでもボーナスがあればトレード出来ましたが、このボーナスでは不可能です。

つまり僕の様に1,000ドル入金した場合、最初のトレードで1,000ドル以上の含み損を抱えると、ボーナスを含めて口座残高がゼロになってしまいます

XMのボーナスとは、考え方が若干違うので注意しましょう。

30%レスキューボーナス

HotForex 30%レスキューボーナス

✓入金額に対して30%のボーナス(条件は50ドル以上の入金。最大7,000ドルまでもらえる)

✓トレードで損失を出した時、その埋め合わせをボーナスで行うことが出来る

30%レスキューボーナスは、ゼロカットを喰らってもボーナスが消滅しない点が利点ですね。

ボーナスのみのトレードも可能です。

ただ、それ以外の点は100%スーパーチャージボーナスの下位互換と言っても過言ではないでしょう。

100%スーパーチャージボーナスの方がオススメです。

100%クレジットボーナス

✓入金額に対して100%のボーナス(条件は100ドル以上の入金。最大30,000ドルまでもらえる)

✓ボーナスそのものが出金できる(「ボーナス額(USD)÷2」ロット以上トレードした場合のみ)

100%スーパーチャージボーナスとの違いは、キャッシュバックがもらえない代わりにボーナスを出金することが出来るという所です。

通常ボーナスは証拠金として使えるだけで、ボーナスそのものを出金することは出来ませんが、100%クレジットボーナスのボーナスは出金することが出来ます。

しかし、その出金条件はかなり鬼畜です。

例えば、ボーナスを10,000ドル出金したいとするでしょう。

この場合、

10,000÷2=5,000

なので5,000ロット取引しなければいけないことになります。

それって、かなり厳しいですよね。

そもそも100%スーパーチャージボーナスなら、1ロットにつき2ドルのキャッシュバックがあるので5,000ロットのトレードをすれば10,000ドル分のキャッシュバックを受けることが出来ます。

やはり、これも100%スーパーチャージボーナスの下位互換と言って良いのではないでしょうか。

以上の3つのボーナスを比較すると、やはり100%スーパーチャージボーナスのお得さが際立ちます。

完全にXMのボーナスよりも豪華ですね。

皆さんも、口座登録する際には100%スーパーチャージボーナスを選択することを強くオススメします

登録方法が分からない方用の解説記事はこちら

口座の種類が豊富

HotForexには、かなり多くの種類の口座が準備されています。

XMはスタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座の3種類なのに対して、HotForexは何と8種類

多すぎて混乱するレベルですね。

HotForex 口座タイプ

今回は、僕がオススメの口座の種類をいくつか紹介したいと思います。

✓プレミアム口座・・・普通はこれを選びます。一番無難な選択肢ですね。XMで言うと、スタンダード口座です。

✓マイクロ口座・・・資金が少ない人用(100%スーパーチャージボーナス対象外)。XMのマイクロ口座とターゲット層は大体同じ。

✓ZERO口座・・・スキャルピング向けの口座(全ボーナス対象外)。これもXMのZero口座とターゲット層は大体同じ。

✓HFcopy口座・・・トレードが上手な人をフォローして、その人と全く同じトレードを自動でやってくれる口座。

僕のオススメは、以上の4口座ですね。

プレミアム口座、マイクロ口座、ZERO口座はXMにもほぼ同じ種類の口座があるので説明は不要でしょう。

どれにすれば分からない人は、プレミアム口座一択です。

HotForex独自の口座の種類で、僕が面白いなと思ったのがHFCopy口座ですね。

HotForex HFCopy口座 ロゴ

自分がフォローしたトレーダーのトレードを完全にコピーすることが出来ます

もちろんトレードの際のロット数は、資金によって調節されますよ。

フォローしたトレーダーの半分の資金しか自分が持っていない時は、トレードの際のロットも半分に抑えられます(自分で、ロットを更に細かく調節することも可能です)。

以下の画像を見てみると、上位のトレーダーはかなりの利益を出していることが分かりますよね。

HotForex HFCopy トレーダー

もちろんトレーダー達は無料でトレードをしてくれる訳ではありません。

利益が出た場合、利益の約30%が報酬として持っていかれます

ただし負けトレードの場合は、フォロワーは報酬を払う必要が無いので、トレーダー達も本気でトレードしてくれるはずです。

また、ここに表示されるトレーダー達はHotForexが半年に1回行うテストに全員合格し続けているので、実力ゼロの人が表示されることはありません。

他人に完全にトレードを任せることになるので、己のトレーダーとしての実力は全く上がりませんが、資金の一部をこの口座で運用してみるのはありかもしれませんね。

登録方法が分からない方用の解説記事はこちら

レバレッジも十分高い

HotForexの最大レバレッジは以下の通りです。

プレミアム口座400倍
マイクロ口座1000倍
ZERO口座200倍

一番多くの方が使うであろう、プレミアム口座が最大400倍です。

HotForexで一番高いレバレッジをかけることが出来るのは、マイクロ口座で1000倍ですね。

正直これだけあれば、十分です。

僕自身、これまで海外FX業者で幾度となくトレードしてきましたが、400倍以上のレバレッジを使うことなんて滅多にありません(ただのギャンブルになってしまうから)。

XMのスタンダード口座は最大888倍までレバレッジをかけることが出来るので、その点ではHotForexの方が劣っていますが、特に問題ないと言えるでしょう。

また口座残高に応じたレバレッジの制限はHotForexの方が緩いです。

XM

口座残高 $20,000以上で200倍までに制限

口座残高 $100,000以上で100倍までに制限

HotForex口座残高 $400,000以上で制限される可能性あり

XMは最大レバレッジ888倍ですが、口座残高が20,000ドルを超えると、200倍までレバレッジが制限されてしまうんですよね。

僕自身、現在XMでは200倍までに制限されてしまっています。

↓レバレッジが制限された時に来たメール

XM レバレッジ制限 メール

一方、HotForexの場合は口座残高が400,000ドル(4500万円くらい)を超えるまでレバレッジの制限がありません。

FXで一億円目指している方などは、HotForexの方が有り難いのではないでしょうか。

ロスカットの水準は10%~20% ギリギリまで耐えられる

HotForex ロスカット 水準

HotForexのロスカット水準は10%~20%です。

XMのロスカット水準は20%なので、XMと同等かそれ以上ですね。

マイクロ口座が10%、プレミアム口座とZERO口座が20%です。

僕の場合は、プレミアム口座をメインに使っているので20%です(XMのスタンダード口座と同じ)。

ロイヤリティプログラムでバーがもらえる

HotForex ロイヤリティプログラム

 

XMと同じく、HotForexにもロイヤリティプログラムが存在します。

とはいえXMもHotForexも、ロイヤリティプログラムは、おまけのようなものなので大したことはありませんけどね。

XMでは、取引量に応じてXMPポイントというポイントが貰え、それはボーナスか現金に変換することが可能でした。

HotForexでも、取引量に応じてHotForexバーというものが貰え、バーを貯めると現金やVPSへのアクセス権に変換することが可能です。

バー2500本で、HotForexのマーケットアナリストとセッションできるというのも、なかなか面白そうですね。

初回入金額が少なくてもOK

XM 最低入金額 500円

HotForexの初回最低入金額は5ドル。

XMと一緒ですね。

少額からでも気軽にトレードすることができます。

僕としては、100%スーパーチャージボーナスの対象になるためにも250ドル以上の入金をすることをオススメしますけどね。

登録方法が分からない方用の解説記事はこちら

HotForexのデメリット

ここまでHotForexをべた褒めしてきましたが、もちろんHotForexにもデメリットは存在します。

逆に言うと、以下のデメリットを気にしない方ならXMよりもHotForexの方が断然オススメですね。

入出金の手段が乏しい

HotForex 入出金手段

HotForexは、入出金の手段が非常に乏しいです。

bitwallet(旧mybitwallet)経由での入出金 or 仮想通貨での入出金

これしかありません。

XMの場合は、

クレカ or 国内銀行振込 or bitwallet or 仮想通貨

の4種類も入出金の手段があったので、それに比べると「少ないな・・・」と思ってしまいますね。

仮想通貨で入出金する人は少ないでしょうから、多くの人はbitwallet経由で入出金することになるでしょう(僕は、仮想通貨での入金もかなり利用しますが・・・)。

bitwallet自体は、銀行振込もクレジットカードも対応しているので、仮想通貨を持っていない方でも入出金はできますよ。

銀行振込の場合は入金額の1%、クレジットカード入金の場合は4%~5%の手数料をbitwallet側に取られますが、証拠画像をスクショしてHotForexに連絡すれば、その分の手数料は口座に反映してくれるので、実質手数料は無料です。

唯一手数料がかかるのはbitwalletから銀行口座に出金する時で、824円取られます。

今まで海外FXをやっていた方は、すでにbitwalletのアカウントも持っている方も多いのではないでしょうか?

もし持っていれば、

XM → bitwallet → HotForex

の様に、簡単に資金の移動も行えますね(この場合は、手数料も無料です)。

bitwalletのアカウントを持っていない方は、HotForexの口座を開設したら、すぐにbitwalletのアカウントも開設しておきましょう。

XMほどの知名度は国内では無い

HotForexは、国内では、まだそれほど話題になっていません。

その原因として考えられるのは、

・公式ページの7割くらいしか日本語に対応していない

・円建ての口座が無い(ドル建て or ユーロ建て のみ)

・日本人トレーダーの口座開設を受け入れ始めたのが、2017年~だから

ですね。

公式ページの日本語対応

まずは1番目ですが、HotForexの公式ページの日本語対応は以下の画像のようになっています。

HotForex 日本語対応

大体は日本語になっていますが、赤丸で囲んだ所の様に英語のままの所も残されていますね。

とはいえ重要な部分は日本語になっているので、僕は特に問題ないと思います。

サポートも日本語で平日24時間体制で受け付けているので、分からないことがあった時はライブチャットかEメールで質問すれば問題ありません。

「どうしても全部日本語じゃないとダメ!!」と言う人はXMを使いましょう。

XMは完全に日本語に対応しています。

円建て口座が無い

日本円

2番目は、円建て口座の有無です。

XMは「円建て、ドル建て、ユーロ建て」の口座に対応していますが、HotForexは「ドル建て、ユーロ建て」にしか対応していません。

これも、日本人がHotForexの利用を躊躇してしまう理由の1つだと考えられますね。

例えば、1ドル=110円の時にドル建て口座に5万円入金すると、454.5ドルが口座に反映されます。

別に454.5ドルになったからと言って、価値が変わるわけではありませんが、日本人としては5万円は5万円のまま反映された方がわかりやすくて良いですよね。

ただし、円建て口座への対応を望む声は多そうなので、今後円建て口座に対応することがあるかもしれません。

まとめ

HotForex logo

まだまだ、国内ではHotForexの知名度は大したことはありません。

しかし海外では、すでにXM以上の知名度を誇っています。

全て2018/9/14現在Twitterの公式アカウントフォロワー数FPAでの評価FPAでのレビュー数
XM19,7363.263449
HotForex22,9623.829446

FPAとは、海外で最も有名な「海外FX業者格付けサイト」です。

レビューの数だけは若干HotForexの方が少ないですが、評価やTwitterのフォロワー数は、圧倒的にHotForexの方が上です。

2017年に日本人向け口座の受け入れを始めてから、HotForexの国内でのプロモーションも活発化してきてますし、XMがトップの座から転落するのも時間の問題かもしれません

円建て口座の対応と公式ページの日本語対応をきちんとやれば、HotForexは完全にXMを超える海外FX業者になります。

今後に注目ですね。

HotForexのレビューは以上です。

登録方法が分からない方用の解説記事はこちら

 

HotForexのスペック詳細
レバレッジの上限1000倍(マイクロ口座)
約定率100%
追証なし
ボーナス3種類存在
最低入金額5ドル
日本語対応
入出金仮想通貨、bitwallet
会社の詳細
会社名称HF Markets (SV) Ltd
金融ライセンスSt. Vincent & the Grenadines
本書所在地Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O Box 1510, Beachmont Kingstown St. Vincent and the Grenadines
設立日2010年

登録方法が分からない方用の解説記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。