【PR】格安・高コスパタブレット fnf Ifive Mini 4S レビュー

PR

今回紹介するタブレットは、海外通販サイトの「GearBest」さんに提供して頂きました。

これまで僕は、スマホと10インチタブレットは持っていましたが8インチタブレットは持っていませんでした

スマホ&10インチタブレットでも十分といえば十分でしたが、外出先で電子書籍を読む時はスマホだと小さくて、10インチタブレットだと大きすぎるんですよね。

家で電子書籍を読む時は日頃から10インチタブレットのお世話になっているのですが、外出先で10インチタブレットを持っていると、正直手が重いです。

「近いうちに、もうちょい小さいタブレットも買わなきゃな・・・」と思っていた所、「GearBest」さんから8インチタブレット「fnf Ifive Mini 4S」を提供して頂けるというお話が!!

まさに最高のタイミングだったので、早速レビューさせて頂きました。

GearBestについて、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

開封の儀

それでは早速、開封の儀。

中々良い外箱のデザインですね。

恐らく、同じく8インチのタブレットであるiPad miniを意識したデザインだと思われます。

肝心の中身は・・・。

タブレット本体と、ケーブルとUSB充電器。

思ったよりも、同梱品が充実していましたね。

格安タブレットなので、てっきりタブレット以外は何も入ってないものだと思っていましたが充電器とケーブルもしっかり同梱されていました。

まあ充電器は日本のコンセントと形が違うので、そのままでは使えないんですけれどね。

とはいえ多くの方はUSB充電器くらい持っているでしょうし、持っていなくても1,000円くらいで売っているので問題ありません。

外観

見た目は、1万円台のタブレットとは思えないくらい高級感にあふれていますね。

触り心地などは、iPad mini そっくりです。すべすべしてます。

今まで持っていた10インチタブレットも1万円台で買ったものなのですが、同じような価格でも手触りや外観は圧倒的にこちらのほうが良いです。

早速起動!!

初めて起動した時の感想は、「メッチャ画面キレイ!」です。

今まで使っていた1920×1080の10インチのタブレットと比べると、2048×1536の8インチタブレットは圧倒的にキレイです。

解像度まで iPad mini と同じで1万円台とは、結構スゴイことでしょう。

 

初期設定では言語は英語になっていました。

英語のままでも使えない事はありませんが、せっかくなので日本語に設定しておきましょう。

数タップで言語は完了です。

言語の変更も完了した所で、肝心の中身はどうかというと余計なプリインストールアプリは殆ど入っていませんでした

これは、かなり評価したいポイントですね。

僕はプリインストールアプリの類が大っ嫌いなタイプなので、余計なアプリが入っている時は、すぐにアンインストールするようにしています。

でも、質の悪いアプリだと消せないものもあるんですよね。

余計なアプリはスマホやタブレットの動作を重くさせる原因ともなるので、無いほうが良いに決まってます(あくまで、自論ですが・・・)。

その点、fnf Ifive Mini 4Sはプリインストールアプリが入っていないので最高です。

プリインストールアプリを入れまくっている国内業者は、ぜひとも見習ってほしいですね。

スペック

公式発表されているスペックは以下の通りです。

OSAndroid 6.0
ディスプレイ7.9インチ(2048×1536)
CPURK3288 1.8GHz
メモリ2GB
カメラ前面:200万画素 背面:800万画素
重さ338g
バッテリー4800mAh

毎度おなじみAntutuベンチマークは、何回かテストしてみましたが、50,000~55,000程度です。

今まで持っていた10インチタブレットが3万点台前半だったので、それと比べると結構良いですね。

僕が使っているスマホ(Xperia XZ)は13万点台なので、それと比べると見劣りしますけど・・・。

まあXperia XZ は、かなりのハイエンドモデルなので比較対象が悪すぎます。

普通は、5万点もあれば十分です。

実際、電子書籍を読むくらいなら楽勝ですね(3万点台のタブレットでも楽勝だったので当然ですが・・・)。

気になった点

カメラが微妙

カメラは、正直微妙ですね。

明るい所なら、ギリ撮れるといった感じです。

iPad miniと比べるのなら、確実に iPad miniに軍配が上がるでしょう。

しかし、僕はタブレットで写真を撮ることは殆ど無いのでこの点はあまり気にしていません(スマホか、もしくは一眼レフで写真は撮る)。

皆さんも、多くの方はスマホで写真を撮るのではないでしょうか?

Skypeなどでビデオ通話をするくらいなら、この程度のカメラでも十分です。

1.5万円で買えるのなら、カメラはこれくらい微妙でも良いかな」というのが僕の考えです。

画面の比

これは好みの問題なのですが、画面の比が4:3なのが僕は気になってしまうんですよね。

普通の動画を再生すると、上と下に黒帯が入ってしまいます。

動画再生するなら、やっぱり16:9タブレットがオススメです。

僕自身、今までは 16:9 のタブレットをできるだけ選ぶようにしてきました。

ただ、今回 fnf Ifive Mini 4S を使ってみて新たな発見も一つありました。

それは、電子書籍を読む時は4:3の方が読みやすいという事です。

16:9の時にあった余計な空白が4:3だと大幅に減少します。

以下の写真はfnf Ifive Mini 4S(左) と、以前から持っていた10インチタブレット(右)を比較したものです。

画面のサイズはかなり違うのにもかかわらず、文字の大きさは対して変わらないですよね(若干8インチタブレットの方が小さいですが・・・)

これは4:3の方が、16:9に比べて効率的に画面を使うことが出来ているからです。

つまり

電子書籍がメイン → 4:3 ディスプレイがオススメ

動画再生がメイン → 16:9ディスプレイがオススメ

という事ですね。

iPad mini も同じく 4:3 ディスプレイなので、「どうして 4:3 なのだろう?」と長い間疑問に思っていましたが、今回ついにその疑問が解消されました(笑)。

案外 4:3 も悪くないですね。

まとめ

fnf Ifive Mini 4S は、電子書籍を読む時に非常に優秀だということが分かったので、これから外出先で読書する時はお世話になろうと思います。

満員電車で読書しようとすると10インチタブレットでは大きすぎて周りの迷惑になってしまい、スマホでは小さすぎて文字が読めないので今まで困っていましたが、これからはfnf Ifive Mini 4Sによって解決です。

fnf Ifive Mini 4Sの最大の利点は、そのコスパですね。

iPad miniが安くても4~5万円するのに対してfnf Ifive Mini 4Sは、僅か1.5万円程度です。

iPad miniを買うお金で、fnf Ifive Mini 4Sを3枚は買えてしまいますね。

確かに fnf Ifive Mini 4S はスペックの面で言えば、iPad mini には敵いません。

ただし殆どの人は、 iPad mini 程のスペックを必要としていないと僕は思います。

fnf Ifive Mini でもウェブサイトはサクサク見れますし、You tubeのFull HD動画も余裕で再生出来ます。

3Dやグラフィックがふんだんに使われたゲームをするつもりの人以外は、fnf Ifive Mini で十分だというのが僕の結論ですね。

僕自身、一週間ほど利用してみましたが非常に快適に電子書籍を読むことが出来ています。

1万円台ですが、スペックは3万円台のタブレット並でしょう。

「iPad miniが欲しいけど、高くて買えない・・・!」という方に是非オススメしたいタブレットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。