【仮想通貨】ビットコインは危険? 将来性は? 儲かるの?

シェアする

おそらく、このページを訪れたあなたは仮想通貨に少なからず興味を持っているのではないですか?

そうでなければ、このページを開きませんからね。

もしかしたら「ビットコイン買ってみようかな・・・」と思っている方もいるかもしれません。

でも同時に、「仮想通貨ってなんだか得体のしれないものだし、危ないんじゃないの?」とも思っているでしょう。

投資をするにあたって、そのリスクを認識しておくことはとても重要です。

そこで、今回は「仮想通貨が危ないのか?、それとも危なくないのか?」を徹底的に検証していきたいと思います。

仮想通貨投資を考えている方の助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

そもそもビットコインはどういう仕組み?

投資をするにあたって、仮想通貨の仕組みを知っておきたいという方のために、まずは仮想通貨の中でも一番有名なビットコインの仕組みについて説明していきます。

とはいえ、この仕組みは大変複雑で、仮想通貨に投資している人も大半は理解していないと思われるので、「小難しい話は嫌だ!」って方は、次の見出しから読み始めて下さい。

仕組みを知った所で、儲かるか儲からないかは、あまり関係がありません。

それでは、気を取り直して説明していきましょう。

そもそも、ビットコインは今まで私達が使ってきた現金や電子マネー(スイカなど)とは根幹から仕組みが違います。

ビットコインには、中央政府が無いのです。

例えば、日本円の場合なら、日本政府が紙幣をどれくらい刷るか決定しますよね?

電子マネーなら、JRや楽天といった発行元がしっかり定まっています。

でも、ビットコインにはそれがありません。

では、どうやって安全性を確保しているのか?

そこで登場するのが、P2Pブロックチェーンといった技術なのです。

P2P

P2PはPeer to Peerの略です。

それがどういう技術なのかというと、サーバーを介さずに、ビットコインを持っている人々が直接データをやり取りする技術ですね。

サーバーを介さずにデータをやり取りすると、どのような良いことがあるのか?

それは、データを分散する事ができるということです。

サーバーを介してやり取りを行なう場合、サーバーがハッキングされたら一環の終わりです。

でも、ビットコインなら何億もの人々でデータを分散しているので、例え一部分がハッキングされたとしても、その他の部分からデータを復元することが可能なのです。

ブロックチェーン

ビットコインに使われているもう一つの技術が、ブロックチェーンです。

こちらは、説明するのが非常に難しいので、大雑把に説明しますが、ブロックチェーンにはビットコインの取引履歴が全て記録されています。

そして、悪意のある人間がこの取引履歴を偽装しようと考えたとしましょう。

そのためには、ブロックチェーンの内部で実行されている取引を全て改ざんしなければいけません。

そして、全て改ざんするのには、コンピューターで膨大な計算をしなければいけないのです。

具体的には、全世界のビットコインに関わっているPCの計算量の過半数。

どれくらいのコンピューターが必要かというと、スーパーコンピューター京の数万倍は速いコンピューターが必要となります。

量子コンピューターでも実現しない限り、そんなことは不可能なので、ビットコインは安全とされているわけなのです。

ビットコインは危険なのか?

それでは、本題に入っていきましょう。ビットコインは危険なのかそうではないのか?

そのリスクを1つずつ検証していきましょう。

国が保証していない

やはり、ビットコインは中央で管理している人がいないので、怖いと考える方が多いようですね。

先程の仕組みのパートでも書きましたが、ビットコインには中央政府のようなものが存在しません。

中央政府が存在するというのは、円で言えば日本政府がその価値を保証してくれるということです。

でも、「政府が保証しているから価値がある」と言う考え方は、少し違うんじゃないかなと僕は思います。

極端な例で言えば、ジンバブエドルでしょう。

ジンバブエドルは、1980年に発行が始まったときには1ドル=0.68ジンバブエドルのレートでした。

1ジンバブエドル=200円くらいですね。

しかし、その後ハイパーインフレが進んだことによって、最終的には300,000,000,000,000ジンバブエドル=1円までに価値が下落しました。

最終的には、ただの紙屑とかしてしまったジンバブエドルでさえ、政府によって価値が保証されているものでした。

もちろん、日本円でこのようなことが起こることは無いでしょうが・・・。

ただ、「政府が保証している=価値がある」というのは間違っていると思います。

例えば、金は、国が価値を保証していないのにも関わらず、多くの人が信用していますよね。

これは、金の採掘量が限られているからでしょう。

採掘量が限られていることによって、希少性が生まれるのです。

ビットコインの場合も、発行枚数は2100万枚まで、と数が制限されています。

つまり希少性は金もビットコインも同じだということです。

それなのに何故、多くの人は金は信用するにもかかわらずビットコインは信用しないのか。

それは、ビットコインに実態が無いからだと思います。

金の場合、目の前に物として存在しているので、皆安心します。

ただ、ビットコインは目に見えず、画面上の数字でしか見ることができないので皆信用出来ないのでしょう。

ただ、僕は実態があるかないかは、余り重要ではないと思います

どちらも、希少であるという点においては変わりません。

値動きが凄く激しい

これが、多くの人がビットコインは危険だと思う主な理由であると同時に、ビットコインで稼ぐことが出来る理由でもあります。

仮想通貨の世界では、1日で価格が10%変わるのは普通に起こることです。(今までの最高だと、10分で30%くらい変動しました)

つまり、「あなたがビットコインを買った一週間後に、その価格が半分になっている」といったことも普通に起こりうるというわけです。(今のところは、一時的に価格が下がったとしても、すぐに回復していますが・・・)

そして、いつ価格が下がるのかは誰にも分かりません。

そこそこ精神力がある方でないと、怖くて持てないかもしれませんね。(僕は30万円投資しましたが・・・)

取引所破綻の危険性

ビットコインといえば、この人のことをよく覚えている方も多いでしょう。

そう、2014年にビットコイン取引所のMt.Goxから115億円相当のビットコインが消えたあの事件です。

「仮想通貨=危険」と言うイメージが急速に普及したのも、この事件が大きな原因となっていますね。

これは、ビットコインのシステムの問題というよりも、取引所の問題です。(上の画像では、システムに弱いところがあったと言ってますが・・・)

現在、Mt.GoxのCEOマルク・カルプレスは、顧客のビットコインを盗んだ容疑で裁判に掛けられています。

つまり、取引所が顧客の資産を盗んだということです。

取引所から日本円が盗まれたとしても、誰も「日本円は怪しい!!」とは言いませんよね?

それなのに、奪われたのがビットコインだったというだけで、世間一般では「仮想通貨=危険」と言う、イメージが定着してしまいました。

ちなみに、Mt.Goxの事件があってからは、国内取引所のセキュリティは大幅に強化されています。

有望な通貨と詐欺通貨の見分けがつきにくい

実は、「仮想通貨=ビットコイン」というわけではなく、ビットコイン以外にも1,000種類近くの仮想通貨が存在しています。

通貨 2017年1月時点での価格 2017年9月時点での価格
ビットコイン 約11万円 約50万円(約5倍)
イーサリアム 約950円 約4万円(約40倍)
リップル 約0.75円 約25円(約30倍)
ネム 約0.4円 約35円(約85倍)

追記

2017/12/08現在、1ビットコイン=240万円です。

上の表は、ビットコインとそれ以外の仮想通貨3種類の価格上昇を比較した表です。

このように、仮想通貨にはビットコイン以上の値上がり幅を見せる有望なコインもたくさんあるのです。

例えば、2017年の1月にネムと言う通貨に100万円投資していれば、今頃には8,500万円になっているわけですからね。

しかし有望な通貨と同じくらい、もしかしたらそれ以上に詐欺通貨も蔓延しています

こんなの、ほんの一部です。

調べれば、詐欺通貨なんていくらでも出てきます。

そして、初心者には詐欺通貨と有望な通貨の見分けがつけにくいんですよね。

だから、詐欺通貨に騙される人が続出して「仮想通貨=怪しい」と言うイメージがまた広がってしまう。

初心者は、慣れるまでは国内の取引所で扱っている通貨以外に手を出すのは止めておいたほうが良いでしょう。

まとめ

今まで、仮想通貨のリスクについて長々と書いてきましたが、結論としては

ビットコイン自体は危険ではないが、投資にはそれ相応のリスクが伴う

といったところでしょう。

ビットコインに限らず、仮想通貨は値動きが非常に激しいので、投資には相応のリスクが伴います。

うまく行けば、資産を何倍にすることだって出来るかもしれませんし、逆に資産を半分に減らしてしまうことになるかもしれません。

今のところ、ビットコインの価格はうなぎのぼりですが、この価格上昇だっていつ弾けるか分かりませんよ。(僕は、後2~3年は大丈夫だと確信してますが)

「絶対に、資産を減らしたくない!!」と言う人は、仮想通貨への投資は止めておいたほうがいいかもしれませんね。

ただ、ある程度のリスクを背負ってでもチャレンジしてみたいと言う人は、とりあえず少額からでも始めて見るのがいいと思います。

宝くじや競馬、パチンコをやるくらいなら仮想通貨に投資したほうが、リスクは小さいですし、リターンは大きいです。

そう考えて、僕は仮想通貨に30万円投資しました。

今回、仮想通貨にちょっとでも興味を持ったら2,000円くらいから投資を始めてみるのも面白いかもしれませんね。

2,000円なら、0円になった所でショックは小さいですし、5倍の10,000円になったらうれしいです。

お遊び感覚で、仮想通貨を買ってみるのはいかがですか?

ビットコインの購入はCoincheckがおすすめです。