【2018】スイスは仮想通貨(ビットコイン)で納税可能? メガバンクは口座維持手数料の導入も検討してるけど

税金

ついに、ビットコインの納税を認める所が出てきましたね。

上のツイートの写っている記事は、2018年1月1日の日本経済新聞の一面です。

この記事によると、スイスのツーク州でビットコイン納税の受付が始まりました

一方の日本はと言うと・・・

上の記事は、同じく2018年1月1日の朝日新聞の一面です。

日本は仮想通貨の納税を受け付けるどころか、仮想通貨で大きく儲けたいわゆる「仮想通貨長者」をリスト化して、出来る限り多くの税金を搾取しようとしています

何なんでしょうね、この差は・・・。

しかも日本では仮想通貨は税率が一番厳しい雑所得扱いなので、4,000万円以上利益が出た場合、半分以上が税金で取られてしまいます

今の日本政府の仮想通貨に対する態度はどうなんでしょうかねぇ・・・。

正直言って、今の日本政府の仮想通貨に対する対応は完全に失敗していると僕は思います。

日本の仮想通貨に対する態度はどうなのか?

僕が日本政府の仮想通貨に対する対応が間違っていると思う理由は、以下の2つです。

✓目先の利益ばかりを求めすぎている

✓その結果として、日本国内からお金が無くなっていく

はっきり言って、今の日本の財政状況は非常にまずい状況です。

国の借金は1,000兆円を突破

人口減少も、ものすごいスピードで進んでいます。

最近は、大手銀行でさえ口座維持手数料なんてものを検討し始めているくらいヤバイ財政状況ですからね・・・。

財政状況が非常にまずい状況なので、日本政府が何が何でも課税したい気持ちは分からなくはありません。

でも、取ることばかりを考えていても経済は潤わないでしょう

こんなに課税されるのだったら、含み益が相当出ている人たちは当然、日本から脱出します。

仮想通貨で6億円儲けたニシノカズさんだって、税金対策でマレーシアに出ていってしまいました。

税率をせめて20%くらいにしていれば、ニシノカズさんも海外に出ていくことは無かったかもしれません。

でも55%も取られるんだったら、当然海外に出ますよね。

それだけで2億円くらい税金の金額が変わってきますし。

こうやって、日本からお金はどんどん出ていってしまいます。

こんなのでは、日本の経済が回っていきません

これから仮想通貨はどうなる?

実はFXも、始めの頃は一番税率の厳しい雑所得扱いでした。

そこから現在の税率(20%くらい)になるまで15年もの月日がかかりましたね。

仮想通貨の場合も同じくらいかかるのでしょうか・・・。

ぜひとも仮想通貨の税率も、早くFX並になって欲しいものです・・・。

僕自身、9月に仮想通貨に30万円投資して、現在含み益が200万円を優に超えるほどまでになりました。

この含み益を実際に日本円に変えるまでは税金はかからないので、あと数年は仮想通貨のまま持ち続けたいですね。

その間に、税制度が改正されることを願うばかりです。

 

ただ、仮想通貨の税制度の現状は非常にひどいですが仮想通貨自体はとても面白いですよ

もしかしたら、50年後には現金よりも仮想通貨での決済が主流になっているかもしれません(あくまでも、僕の希望的観測ですが・・・)

皆さんも、仮想通貨に興味を持ったらぜひ取引所で買ってみて下さい。

今は税制度的にかなり不利ですが、何年も仮想通貨のまま持ち続ければ、その頃には税制度も改正されるかもしれません。

2,000円ほどからでも買うことが出来るので、迷っている方はぜひ買うことをオススメしますよ。

僕のオススメの取引所はZaifです。

ビットコインの購入手数料が-0.01%と格安(どころかマイナス)なので、初めての人にオススメしたい取引所ですね。

 

5年後くらいに、仮想通貨の税制度がどうなっているか楽しみですね。

5年後にまた、答え合わせをしましょう。

僕は、税制度が改正されるまで仮想通貨を持ち続けるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。