大学生必見!得しかしない Prime Student 年会費・特典は? クレジットカードは必要?

シェアする

皆さんこんにちは。日々、Amazon を愛用している僕ですが、先日、ついにPrime Student(Amazon Student) 会員になりました!!

本当は、大学生になった4月に、すぐにでも申し込みたかったのですが、クレジットカードが無いと登録が難しかったので(実際にはクレジットカード無しでも大丈夫)、のんびりクレジットカードを作っていたら、こんな時期になってしまっていました・・・。

学生で、Amazonを少しでも利用するのならば、Prime Student 会員にはぜひなっておきたいですね。というか、入らないと損をするレベルだと思います。

そこで、今回はPrime Student がどんなものなのか、年会費はどれくらいなのか、そしてクレジットカードは必要なのかどうかを解説していきたいと思います。

2017/11/14追記: Amazon StudentからPrime Studentへ名前を修正

スポンサーリンク

Prime Student会員って何?

Prime Student とは、Amazon プライムの学生版です。日本国内にある、大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の生徒ならば誰でもPrime Student の会員になることができます。

Amazon プライムの年会費が3,900円と、これでもサービスの質を考えればかなり安いのですが(ちなみに、アメリカのAmazonだと年会費は99ドル。約10,000円)、Prime Studentは、Amazon プライムと同等のサービスが受けられる上に、年会費も1,900円と、圧倒的に安い。

一ヶ月の料金ではありませんよ!!一年でたったの1,900円。一ヶ月あたりに換算すれば158円。コンビニでスイーツ一個買うのと同じくらいの値段です。

常識的に考えて、これっぽっちの年会費で、あのサービスを維持するのは不可能だと思われます。つまり、Amazonは赤字覚悟でも、学生をStudent会員にさせたいと思っているということです。

何故こんなことをAmazonはするのでしょうか?

おそらく、学生のうちにAmazonの会員になってもらえば、大学を卒業してからもAmazonを利用し続ける可能性は高いでしょう。

そういう人々は非常に高い確率で将来的にAmazon プライムの会員になってくれます。Amazonはそれを狙っているというわけですね。

まあ、確かに僕も大学を卒業したらおそらくAmazon プライム会員になります。まさしく、向こうの思うツボですね(笑)

しかも、もっとすごいのは6ヶ月無料で体験ができるということ。

普通、無料体験の期間って長くても1ヶ月くらいでしょう?それが6ヶ月。太っ腹すぎます。6ヶ月間、1円も払わずにStudent 会員の恩恵を受けて、その後止めるということもできます。

まあ、6ヶ月も恩恵を受けていたら、あまりの便利さに、止めたくても止められない状況になっているような気もしますがね(笑)。

では、Prime Student会員になると、どんな恩恵を受けることができるのか?以下、詳しく説明していきましょう!!

Prime Student会員になることで受けられる恩恵

配送料無料、お急ぎ便使い放題

Amazonの場合、一般会員だと2,000円以下の買い物では配送料がかかってしまいます。

だから、僕も一般会員時代は、1,000円くらいのものを買おうとしても配送料がかかるので、別に欲しいものができるまでガマンして、合計金額が2,000円を超えたらまとめて買ってました。

でも、欲しい商品を欲しい時に買えないなんてストレスが溜まりますね。しかも、一般会員だと配送にも時間がかかって、5日くらい待たされたこともあります。

そんなイライラもPrime Student 会員になってしまえば全て解消されます。お急ぎ便が使い放題なので、どんなに待っても3日。僕の場合は2日以上待ったことがありません。

時間指定だってできます。また、商品を午前中に頼めば、当日お急ぎ便を利用すできることもあります。その名の通り商品がその日の内に届きます。最高ですね!!

一般会員の場合は、一回につき配送料が350円かかるので、一回でもAmazonで商品を頼めばそれだけでPrime Student 2ヶ月分の料金の元を取ることができる計算です。

あと、都会限定ですが、1時間以内に商品が届くPrime Nowというヤバイサービスもあったりします(有料 1回890円)。2時間便なら、無料で使えます。

まあ、都会限定ですが。(対象エリアはこちらで確認)

本が+10%ポイント還元

大学生になると、本を購入する機会も増えるでしょう。そんな時に、大学生協を利用する方は多いのではないでしょうか?

大学生協で教科書を買えば10%引きですからね。ただ、多くの場合はAmazon で買ったほうがお得です。

何故かと言うと、Student 会員が、Amazon で教科書を買えば、もともとその本についているポイントに更に10%ポイントが上乗せされるからです。

つまり、もともと5%のポイント還元が保証されている教科書を買えば+10%で15%分のポイントが発生するということです。

大学の教科書を全部Amazonで買えば、それだけでも年会費の元を取ることなんて楽勝です。

しかも、あのメッチャ重い教科書を家に持ち運ぶ必要もありません。

ただ、マンガや雑誌は、残念ながら10%ポイントの対象ではないので、そういったものは大学生協で買いましょう。

プライム・ビデオの映画やTVが見放題

対象の映画やTVが見放題です。もちろん、U-NEXTやdTVにはコンテンツの数で敵いませんが、最近はプライムビデオも結構充実してきています。

しかも、他社の動画配信サービスは月々500円は、かかるのに対して、プライムビデオは月々158円。しかも、数々ある特典のうちの1つと考えるとすごいことですよね。

休日はプライム・ビデオだけで1日潰せます(笑)。

ただ、6ヶ月の無料体験中は、プライムビデオは使えないので注意して下さい。

ちなみに、今は学生限定でプライムビデオを視聴すると2,000円分のクーポンがもらえるキャンペーンを開催しています。

よく考えてみて下さい。Prime Studentの年会費って1,900円でしたよね?

なんと、これだけで元が取れてしまうではないですか!!

僕は、ソードアート・オンラインとか、ReLIFEとか、アニメをよく見てます。

2000円のクーポンはこちら

あと、Fire TV Stick というアイテムを使うと、パソコンやタブレットだけでなく、テレビでもプライム・ビデオが視聴できちゃうんですよね。

僕もそのうち買っちゃうかも・・・。

Prime Musicで100万曲以上の音楽が聴き放題

100万曲って、冷静に考えるとものすごい数ですよね。おそらく一生かかっても全てを聞くことはできません。

ただ、洋楽が多いのでJ-POPは、たまに無い曲もあります。

それでも、音楽聴き放題はすごいサービスだと思います。

端末にダウンロードしてから聞くこともできるので、僕のように通信量をケチる人間でも安心です。

事前に、家のWifiでダウンロードしておきましょう。

こちらも、無料体験中は使えません。

タイムセールに30分早く参加できる

Prime Student 会員になっておけば、一般会員よりも30分早くタイムセールに参加することができます

人気の商品は、一般会員では大抵手に入れることができないので、これはありがたいですね。

あと、会員限定のセールも時々開催されます。

こちらは、普通のタイムセールよりも大幅に割引がされるので、狙い目です。

Kindle 本が毎月1冊無料

題名の通り、Kindle 本が毎月1冊無料で読めます。

ただ、Kindle かFire タブレットじゃないと読めないので、今のところ僕はこの恩恵は受けていません。

会員になれば、クーポンコード利用で、Kindle やFire タブレットが4,000円引きで買えるし、買っちゃおうかな~。

 Amazon パントリー

日用品をまとめて、Amazonで買うことができます。

一人暮らしの学生だと、かなり便利だと思います。

小物を一つのダンボールにまとめて一括で受け取ることができます。わざわざ、ティッシュや調味料などを毎回個別に受け取るのは面倒ですからね。

僕の友人でも、シャンプーや調味料などが切れた時に、毎回Amazonパントリーを利用している人がいます。

あいにく僕は一人暮らしではないので、これは利用していませんが・・・。

 プライム・フォト

オンライン上に写真をいくらでも保存することができます。これで、スマホの残りの容量を気にせずに写真を撮りまくる事ができますね!!

僕の場合は、Google Driveが5TB使えるので、あまりこれを使う機会はないんですけれどね・・・。

 Prime Reading

kindleストア内の一部の書籍、マンガ、雑誌が読み放題になるという特典です。

比較的最近、追加されたばかりの特典ですね。

まだまだ作品数は少ないですが、今後に期待です。

どうやって登録するの?

Prime Student 会員になるためには、自分が学生であることを証明しなければいけないので、幾つかのステップがあります。

まず、Prime Student の公式ページに行きます。

すると、以下のようなページが出てくるので、無料体験のところをクリック

ログイン画面が出てくると思うのでAmazonのアカウントを持っている人はログイン。持ってない人はとりあえず、アカウントを作成してしまいましょう。

無事、ログインすると、学生認証の方法を選ぶ画面が出てくると思います。

学籍番号を使用する人は、「学籍番号」「学校名」「卒業予定年月」「学年」「専攻」そして「クレジットカード番号」を打ち込んで(クレジットカード持ってない人は、どうすべきかこの後説明するので、このページの下の方を読んで下さい)、「登録する」ボタンをクリックしましょう。

これで、登録完了です。

学校発行のEメールアドレスを持っている人はそちらを利用するほうが楽ですね。僕は、こちらの方法を使って認証しました。

さっきの学籍番号の代わりに学内発行のEメールアドレスを打ち込み「登録する」ボタンをクリックすると、そのアドレスにメールが送られてくるので送られてきたメールに書かれてるリンクをクリックして認証完了です。

ただ、これだとクレジットカードを持っていない人は登録できないですよね。

では、クレジットカードを持っていない人はどうすべきなのかを説明したいと思います。

クレジットカードを持ってない人はどうする?

クレジットカードを持ってない人が取るべき選択肢は3つです。

① 大人しくクレジットカードを作る

② Visaデビットカードを作る

③ au WALLETプリペイドカードを作る

それぞれの選択肢について、解説していきたいと思います。

大人しくクレジットカードを作る

僕が選んだ選択肢はこれです。初めのうちは、「親がクレジットカードを作ることを許してくれないのでは?」と思っていましたが、「せっかく大学生になったんだしクレジットカードが欲しい!」と親に相談したら、無事、許可を得ることができました。

もし、親に禁止されているのでなければ、この機会にクレジットカードを作ってしまうのがいいと思います。大学生にもなれば、クレジットカードを使う機会が増えることは必至ですからね。

特に、友人と海外旅行に行きたいと考えている人などは、クレジットカードが必須です。飛行機やホテルの予約、ショッピングセンターでの買い物など、海外旅行は、クレジットカード無しだとかなり厳しいです。

今回僕が作ったのは、三井住友のVISAカードです。

三井住友のVISAカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度の年会費が無料で、2年目以降も前の年に1円でも買い物をしていれば年会費は無料になるので、実質、年会費はかからないと思っていいと思います。

VISAカードと言ったら三井住友のVISAカードと言われるくらいネームバリューのあるカードです。特にこだわりがないのならば、これでいいのではないでしょうか?

Visaデビットカードを作る

デビットカードは、銀行口座を持っていれば、発行することができます。大抵の金融機関で取り扱っていますよ。

クレジットカードと違って、デビットカードは口座からすぐに引き落とされるので、残高以上の買い物ができません。

これならば、親御さんも許してくれるのでは?

au WALLETプリペイドカードを作る

auユーザーなら、これが簡単ですね。プリペイドカードなので、事前にチャージした金額までしか使えません。

クレジットカードのように使いすぎることもありませんね。

また、入会金や年会費が無料な上に審査もありません。walletポイントも貯まるので、auユーザーで、クレジットカードが作れない人はこれが一番手っ取り早いですね。

まとめ

以上、Prime Student 会員のメリットをひたすら語ってきました。特にデメリットらしいデメリットが見当たらないくらい素晴らしいサービスだと思います。学生で、少しでもAmazon を利用する可能性のある人は入らないと損しますよ!!