2段階認証の設定方法を解説!!

シェアする

仮想通貨の取引所にアカウントを作るうえで、2段階認証は絶対に必要です

というか、2段階認証を設定していないのは

どうぞハッキングして、私の資産を盗んで下さい

と言っているのも、同然なくらいのことです。

取引所にあずけている資産を盗まれたくない人は、必ず2段階認証を設定しましょう。

今日は、その設定方法を解説したいと思います。

スポンサーリンク

2段階認証の設定方法

どこの取引所でも、2段階認証の設定方法はだいたい一緒です。

2段階認証の設定画面を開くと、以下の画像の様にQRコードとバックアップコードが表示されます(バックアップコードはたまに無い取引所もありますが・・・)。

今回は、上図のBitMEXという取引所の場合を例に説明していきます。

まず、バックアップコードが表示されている場合、バックアップコードは大切に保管しておきましょう

万が一、あなたがいつも使っているスマホを紛失した場合バックアップコードが無いとログインできなくなってしまいます。

次に、スマホ側の準備をしていきます。

iPhoneでもAndroidでも構わないので「Google Authenticator」と言うアプリをインストールしましょう。ここで、先程バックアップコードが表示されていなかった方は、スマホやタブレットなど、複数台の機器にインストールしておくことをおすすめします。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

アプリを立ち上げて、指示通りボタンを押していくと「バーコードをスキャンする」もしくは「バーコードを読み取る」と言うボタンが出てくると思うので、それをクリックして下さい。

すると、カメラが起動するので、先程表示されていたQRコードを読み取って下さい。複数の機種で登録する方は、この作業をそれぞれの機種について行いましょう(僕はいつもスマホ1台とタブレット1台を登録しています)。

以上の手順を終えたら、取引所に6桁の数字を打ち込む欄があるので、そこにスマホに表示されている6桁の数字を打ち込み、提出したら、2段階認証の設定は終了です。

慣れれば5分もかかりません。

まとめ

毎回ログインするたびに6桁の数字を打ち込まなければいけないのは、面倒に感じるかもしれませんが、自分の資産を守るためには絶対に必要なことです。

面倒臭がらずに、2段階認証は設定しておきましょう。

また、最近は2段階認証を設定しても資産が盗まれることがあるようです。

せっかく取引所のアカウントに2段階認証を設定しても、メールアドレス自体に2段階認証を設定していない場合、メルアドとそのパスワードがバレると資産を盗むことができてしまうようなので、余裕がある方はメールアドレス自体にも2段階認証を設定しておきましょう。

Gmailなら、比較的簡単に2段階認証を設定できます。