【2017】新iPad Pro 発表!機能、価格、発売日は?

シェアする

(公式ページより)

2017年6月5日、WWDC2017で、ついに発表されましたね。新iPad Pro

この日を、心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。かくいう僕も、その一人です。

それでは、早速何が進化したのか、まとめていきますよ!

スポンサーリンク

主なスペック

 

10.5型iPad Pro

12.9型iPad Pro

容量

64/256/512GB

サイズ(mm)

250.6×174.1

305.7×220.6

重さ(g)Wifi/Wifi+Cellular

469/477

677/692

解像度

2,224×1,668

2,732×2,048

チップ

A10X Fusion

価格

   (単位は円) 64GB 256GB 512GB
10.5型 Wifiモデル 69,800 80,800 102,800
Wi-Fi + Cellularモデル 84,800 95,800 117,800
12.9型 Wifiモデル 86,800 97,800 119,800
Wi-Fi + Cellularモデル 101,800 112,800 134,800

何が変わった?

10.5インチモデルの登場

(公式ページより)

新たに、10.5インチのモデルが登場しましたね。画面の面積が、約20%増加します。これによって、画面上のキーボードの大きさがフルサイズになって、作業が行いやすくなりました。

しかも、iPad Pro本体の大きさは少ししか変わっていません。画面が大きくなりましたが、その分ベゼルを限界まで細くすることによって、大きさを維持しているようです。

チップ

(公式ページより)

今回、iPad Proに搭載されているチップは「A10X Fusion」。今までのモデルに搭載されていた「A9X」に比べると、CPUの処理速度が30%アップ。GPUの処理速度も40%上昇しました。

今まででさえ、かなりのハイスペックでしたが、今回、性能が向上したことによって、動画や画像の編集がより快適に行えるようになります。

もう、並のノートPCの性能は余裕で超えていますね。

ディスプレイ

(公式ページより)

画面の明るさが50%程度向上しました。また、リフレッシュレートも進化しています。

リフレッシュレートとは、1秒間に何回画面を更新するかの回数です。今までの、60Hzから最大120Hzへと、2倍になりました。これで、画面をスクロールするときや、Apple Pencilを使用するときに、その動きがとても滑らかに感じられるようになります。

また、時と場合によって、リフレッシュレートが自動的に変化するので、バッテリーの持ちも良くなります。

ストレージ

今まで、32/128/256GBだったストレージが、今回は64/256/512とそれぞれ倍増しましたね!これによって、写真や動画を気兼ねなく保存することができます。

カメラ

(公式ページより)

F値が、1.8になりました。F値とは、簡単に言うと、どれくらい光を集めることができるかということです。この進化によって、暗所での撮影がよりしやすくなります。

あと、長時間露光にも対応するようです。明るい星なら、頑張れば撮れるようになるかもしれませんね。

OS

この秋にiOS11に対応します。ソフトとの連携がより強化されるようなので楽しみですね。

別記事に、詳しくまとめたので、是非どうぞ。

→ 今秋リリース iOS11 新機能まとめ

結局どうなのよ?

チップ、ストレージ、ディスプレイ、カメラと、ありとあらゆる進化を遂げたのにもかかわらず、価格は初代iPad Proが発売された時とほとんど変わりません。重さも、10.5インチモデルは500g以下をキープ。12.9インチモデルですら700gしません。これなら、持ち運びも楽ちんですね。

動画や映像の編集を考えている方にとっては、おすすめの一台です。

ちなみに、すでに発売は始まっています。今買うと、届くのは6月14日です。コストパフォーマンスの良い端末になりそうですね。

以上!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする