もう後悔しない!正しいモバイルバッテリーの選び方 2017

シェアする

皆さん、モバイルバッテリーは持っていますか?

スマホなんて、一日中使っているとすぐに充電がなくなってしまいます(少なくとも、私の場合は)。もう、今やモバイルバッテリーは生活に欠かせないものになっているといっても過言ではないでしょう。

ただし、一口にモバイルバッテリーといっても、その種類は何百、何千種類とあります。しかも、容量だとか、出力だとかわけの分からない用語がパッケージに書いてあって、何を選べばよいのかわからない人も多いでしょう。

そこで、今回は、自分にあったモバイルバッテリーの選び方について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

選ぶ際に注意すべき点

容量

まず、容量から行きましょうか。

容量というのはその名の通り、蓄えられる電気の総量です。その単位は、mAh。

iPhone 7 Plusだと2675mAh、僕の持っているXperia XZ だと2900mAhといったところです。皆さんの持つスマホもだいたいそのくらいでしょう。

これらのスマホを1回フルに充電したいなら、5000mAh以上のモバイルバッテリーを選ぶべきです。なぜ、ピッタリの電池容量のものを買ってはいけないか?それは、

実際に使える容量は記載されている容量の7割程度

だからです。つまり10000mAhのモバイルバッテリーを購入しても、実際に使えるのは、7000mAh程度だということです。

このことを考慮すると、普段使いする人は、5000mAh以上、出張などで長期間に渡って使用する方は、少なくとも10000mAhのものを選ぶのが良いでしょう。

入力、出力

モバイルバッテリーのパッケージを見ると、必ず入力~A、出力~Aなどと書いてあります。簡単に言うと、

入力: モバイルバッテリー自身を充電するスピード
出力: モバイルバッテリーに繋いだ、スマホなどを充電するスピード

と考えてもらって構いません。どちらも値が大きければ大きいほどスピードも速くなります。おすすめは、入出力ともに2A以上の商品です。

今、僕が使っているモバイルバッテリーは入出力ともに0.5Aの大変非力なもので、スマホを充電するのに3時間以上、タブレットに至ってはそもそも充電すら始まりません・・・・。

(この画像を見てもらえばわかるように、モバイルバッテリーを繋いでも、タブレットは全く反応しません・・・)

たとえ、タブレットの充電をしない人でも1A以上の商品は選ぶようにしましょう。じゃないと、充電にものすご~く時間がかかります。

重さ

常日頃、モバイルバッテリーをカバンに忍ばせる方にとっては、結構大事なポイントだったりします。モバイルバッテリーが重いと、なかなか持ち運ぶ気になりませんよね。

日頃から持ち運ぶつもりならば、重さは100g前後のものから選ぶべきです。スマホの重さが、だいたいそれと同じくらいですね。

日頃、持ち運ぶつもりがないならば、重さはあまり気にしなくても良いでしょう。大容量、大出力のモデルになると400g近くあります。

安全性

これは、メチャクチャ大事です。粗悪品を買うと、最悪、モバイルバッテリーが発火することもあります。粗悪品とそうでない商品の見分け方としては、

過充電・過放電防止機能の有無
PSEマークの有無

といったところでしょうか。

以前、僕も安さに飛びついて粗悪品を買ってしまったことがあるのですが、スマホを充電するたびに、モバイルバッテリーがすごく熱くなって怖い思いをしました。

粗悪品を買うとろくなことがないので、この2つは必ず確認しましょう。

ポートの数

まあ、簡単に言うと、同時に何台充電できるかということです。

同時充電したい方は間違ってポートが1つしかない商品を買わないようにしましょう。ちなみに、さっき登場した入出力0.5Aの非力なモバイルバッテリーはポートが一つしかありません(笑)

まとめ

以上をまとめると、

誰もが気にするべきこと

安全性 (過充電・過放電防止機能、PSEマーク

日々の通学、通勤に使いたい人

最低でも5000mAhの容量
重さは100g前後
入出力は1A以上

出張などで長期間、使いたい方

最低でも10000mAhの容量
入出力は2A以上
ポートの数は、最低でも2つ

といったところでしょう。以上、モバイルバッテリーの選び方について説明してきましたが、次の記事では、おすすめのモバイルバッテリーを紹介して行きましょう!

続きはこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする