魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女の感想 ネタバレあり、なし両方

シェアする

(公式ホームページより)

皆さんこんにちは。「劇場版魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女」ついに公開されましたね!早速、僕も見てきたので感想をネタバレ無しverとネタバレありver両方でまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ネタバレ無しver

いや~、戦闘シーンが迫力あってかなり楽しめましたね。アニメのときよりも作画がきれいになっていると思います。

やはり、テレビで見るのと映画館の大きなスクリーンで見るのとではだいぶ、見え方が違いますね。

主題歌のSPEED STARも、予告編で聞いたときは「どうかな?」と思ったのですが、実際劇場で聞いてみるとかなりいいですね!CD買います!。

アンジェリーナ゠クドウ゠シールズ
(予告編より)

USNA軍の魔法師部隊スターズの総隊長。メッチャ強い。都市一つを壊滅に追い込むレベルの魔法を戦略級魔法というのだが、リーナはその戦略級魔法であるヘビィ・メタル・バーストを使うことができる。あと、パレードっていう秘術を使うと見た目がだいぶ変わってしまうから、見た目が変わった状態のリーナを見ると、「あれ?これってリーナだよね?」って原作未読者は混乱してしまうかも。まあ、文脈でリーナってことはわかると思うけど。
あと、特典でもらえるミニ小説もリーナについてのお話だったりする。
 
まあ、ここはネタバレ禁止なので、あまり詳しいことは言えませんが、簡単にストーリーを説明すると。達也達が、調整体である九亜っていう女の子を助けるお話です。戦闘シーンも結構あってハラハラしますよ!いつも通り、お兄様はめっちゃ強いです。
 
あと、みんな大好き、お風呂のシーンもあります(笑)。
 

ネタバレありver

注意!!こっから先はネタバレありです!!

それでは、ネタバレありの感想行ってみましょうか。

陸軍が、戦略級魔法「マテリアル・バースト」を使えることをよく思っていない海軍が、「自分たちも戦略級魔法を使おう!」ということで実験をします。どんな魔法かというと、地球の周りの小惑星や人工衛星の軌道を変えて、地球に衝突させる魔法。うまく発動してしまえば、最悪、国一つ滅ぼすことも可能です。

しかも、この魔法を発動させるには、調整台である「わたつみシリーズ」の少女達9人を大きなCADに入れて全員の神経をリンクさせる必要があるのですが、なんと、リンクさせるたびに少しずつ、少女たちの自我がなくなってしまうのです!

後一回実験を行ったらもう少女たちの自我は、完全になくなってしまう。そう思った女性の研究員は、9人のうちの1人である九亜を逃しました。

↓九亜(予告編より)

ただ、ここで一つ手違いが発生してしまいます。本来、九亜は、七草家に助けられる予定だったのですが、待ち合わせの場所に、同じ型の飛行機が2台あって、九亜は七草家の飛行機ではなく、達也たちの飛行機に乗ってしまいます。

そこで、達也達の飛行機が海軍に捜査されそうになるのですが、エリカがかばったおかげで、なんとかその場を切り抜けます。その後、達也たちに自分だけでなく、わたつみシリーズの少女9人全員を助けてほしいとお願いします。

海軍に反抗するなんて無謀だとは思いながらも、かつて調整体である、桜シリーズの穂波を失った経験のある達也。結局、九亜を助けることに決めます。

一方、UNSA軍も、日本で新たな戦略級魔法が生まれるとなっては黙っていません。リーナ達が、戦略級魔法誕生を阻止しようと色々やりますが、結局任務は失敗します。

(予告編より)

その後、色々あってUNSA軍の衛星が落下することが確実に。達也はマテリアル・バーストで破壊することを考えますが、そうすると、大量の放射能が撒き散らされるので、できません。

そこで、達也が、何かすごい魔法(名前忘れました)を発動させようとするのですが、衛星に近いところに居ないと発動させることができません。

なので、リーナに高度140kmまで打ち上げてもらい、すごい魔法を発動させることで、無事に衛星を破壊。大規模な魔法を行使して、自力で帰還するほどの力が達也には残っていなかったので、みゆきに助けてもらって一件落着。

わたつみシリーズの9人の少女達も無事助かって終了。

と、思ったのですがエンドロールの後にまだ続きが少しありました。帰らなくて良かったです(笑)。

4月になって、2年生として魔法科高校に通う達也と深雪。なんと、達也の胸には新たに新設された、魔工科のエンブレムがついている(原作読んでないとこの辺は分かりません)。これでほんとに終了。

いや~。結構面白かったです。最初の方あまりバトルがなかったので、「あれ?」と思いましたが、後半はバトルの連続です。

(予告編より)

達也以外の生徒の活躍も見ることができます。アニメ版では七草先輩、あんまり戦いませんでしたけど、劇場版では、その強さがよくわかると思います。

ミキヒコも結構強いですよ!

お風呂シーンもあってなかなか良かったです。アニメ版を見た方は、ぜひ見てみて下さい。おすすめですよ!

あと、余談ですが、今回は座席が一番前だったので、首がつらかったです(笑)。

→ 映画館で座席が最前列! 見え方は? 対策法は?

以上!