Kintoneのミニセグウェイが結構面白い! 価格、性能は?

シェアする

(公式サイトより)

突然ですが、皆さんはセグウェイをご存知ですか?重心を前に傾けることで前進する、電動の立ち乗り二輪車です。オリンピックの会場とかで、よく使われています。

こんな感じの乗り物です。どうです?乗りこなせると結構楽しそうだと思いませんか?

ただ、最大の問題は価格がすごく高いことです。セグウェイの一番一般的なモデルの値段は、925,000円

セグウェイ公式ページ

9万円ではありませんよ、90万円です。こんなお金出せるわけがありません。セグウェイ2台分の金額で、安い車なら買えてしまいます。

残念ながら、僕もセグウェイには乗ったことがありません。ただ、数年前にアメリカに旅行に行った時、セグウェイに乗っている人を見かけたことはあります。

その時は、「かっこいいな~」と思いましたね。

そんな訳で、セグウェイに乗ることは、僕の夢の1つでした。ところが、先日その夢を半分叶えることができました!

ミニセグウェイに乗ることができたのです。

ミニセグウェイとは、セグウェイからハンドルと取り除いた、小型のセグウェイです。セグウェイに比べて、価格が圧倒的に安く、5万円くらいで購入することができます。

セグウェイに比べると、だいぶ見た目はしょぼいのですが、それでも、上に乗って移動できることに変わりはありません。

先日、大学で幸運にもKintone製のミニセグウェイに乗る機会があったのですが、メチャメチャ楽しかったです。

ただ、最初の5分くらいはまともに操縦できませんでした。ミニセグウェイに乗っても重心が安定せず、何回か転げ落ちそうになりましたね(笑)。

でも、10分もすれば、自由自在に操れるようになります。運動音痴の僕ですら10分で乗れるようになったのですから、普通の人ならもっと早く乗れるようになるでしょう。

一度乗れるようになってしまえば、もう最高です。自分の思い通りにあちこちを縦横無尽に駆け回ることができます。

そのうち、僕もmy ミニセグウェイを買うかもしれません。そのくらいハマってしまいました。

そこで、今回は、僕が乗ったKintone製のスペックや価格をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

スペック

最高速度 10km/h
走行距離 一回の充電で20km
登坂力 18~25度
サイズ 584mm×178mm
重量 10kg
体重制限 20kg~100kg
充電時間 1~2時間

価格は48,900円です。たまに、セールをやっていて、その時の価格は39,900円ですね。

セグウェイに比べると圧倒的に安いことが分かるでしょう。

最高速度

最高速度は10km/hとかなり速いです。数字だけだと、あまり速く感じないかもしれませんが、実際乗ってみるとすごく速く感じます。ただ、僕の場合はビビって最高速度を出すことはできませんでした(笑)。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、全部で4種類。ちなみに、今回僕が乗ったのはblueです。ただ、大学には、他にもredとorangeがありました。

個人的には、やっぱりblueが一番好きですね。ただ、オレンジとかも結構面白いかも?

防水性

Kintoneのミニセグウェイは防水レベルIP54なので、小雨レベルなら使うことができます。

防水性があれば、万が一水たまりなどに入ったとしても機械が壊れることがないので、安心ですよね。

ただ、あんまりにも雨がひどいときには操縦はやめておきましょう。

滑って転んだりしたらかなり危険です。

登坂力

最大、25度の傾斜を登ることができます。25度って結構な角度だと思いますよ。スキー場の中級者用のコースの傾斜が大体25度くらいです。だから、あれくらいならミニセグウェイで登れるってことですね。

とはいえ、僕も25度もの傾斜は、まだミニセグウェイで登ったことが無いのでなんとも言えません。ただ、5度くらいの傾斜なら、余裕でしたね。

バッテリー

バッテリーは2時間程度でフルチャージできて、一回フルチャージすれば20kmくらい走行できます。

つまり1日くらいなら、充電無しでも十分楽しめるということですね。

あと、このミニセグウェイには、過充電防止装置がついています。つまり、万が一充電しすぎたとしても発火する心配は無いということです。

さらに、スマホを充電することもできます。万が一の時は、モバイルバッテリーにもなるということですね。

類似品には注意!

世の中には、Kintoneのミニセグウェイもどきがたくさん出回っています。ただ、類似品には過充電防止装置がついていなかったり、本体が丈夫でなかったり色々なデメリットがあります。

粗悪品を買ってしまうと、最悪、怪我をすることもあるので注意して下さい。1万円以下で売っている製品は、基本的にアウトだと思って問題無いと思います。

正規品を買うためには、公式サイトで買うのが一番です。公式サイトでは、たまにセールをやっていたりもしますよ。

→ 【KINTONE (セグウェイ式)】 (公式サイト)

法律上の問題

今のところ、ミニセグウェイを公道で利用することは禁止されています。

くれぐれも注意してください。遊ぶ時は、公園とか、広場でやりましょう。

あと、転ぶと危ないので子供が操縦する時は、ヘルメットなどを着用した方がいいと思います。