BitMEXの取引方法【入金・トレード画面の解説】

シェアする

BitMEXの登録が終わったら、早速取引所に資金を入れましょう。

まだ、登録の終わっていない方はこちらの記事を参照して下さい。

通常の海外取引所だと、入金するためにはクレジットカードなどを使わなければいけないので、抵抗を覚える方も多いでしょう。

その点、BitMEXはBitcoinで入金が出来るので安心です。完全に匿名で取引をすることができますね。

以下、入金方法を解説していきます。

このページを見ている方で、Bitcoinを持っていないという方は少ないと思いますが、万が一まだBitcoinを持っていない人は、国内の取引所でBitcoinを入手しましょう。

僕のイチオシの国内取引所であるCoincheckの登録方法は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事: Coincheckのアカウント登録方法(本人確認の手順、買い方など)を徹底解説!

スポンサーリンク

BitMEXの入金方法

まずは、ログインして取引画面にアクセス。

アクセスしたら、画面上部の「Account」ボタンをクリックしましょう。

そしたら、続いて「Deposit」ボタンをクリック。

すると上図のように送金アドレスが表示されるので、あとはそのアドレスに送金するだけです。

クレジットカードを使うときと違って個人情報を盗まれる心配がなく、銀行振込のように多額の手数料を取られたり、何日もかかったりしないので、とても便利です。

入金が終わったら、取引画面の確認をしていきましょう。

BitMEXの取引画面

BitMEXのトレード画面は上の様な感じです。

とりあえず、左上から一つずつ紹介して行きましょう。

Place Order

取引は、だいたいこの場所を使って行います。

「Limit」「Market」「Stop Limit」の順に、それぞれ説明していきたいと思います。

Limit Order

僕が、一番良く使うのは「Limit Order」の欄ですね。

ここで、売り買いの数量や価格を指定して、注文を行います。

Quantityの欄に、購入したいXBT(BitMEXでは、BTCが何故かXBTと表されます)の量をUSドル価格で入力

Limit Priceの欄で購入する時のXBTのレートを決定します。

上の画像の場合だと、XBTの値段4351.9ドルで800ドル分のXBTを購入するということになります。

「Buy/Long」をクリックすれば、買いとなり、XBTの価格が上昇すればするほど得をし、「Sell/Short」をクリックすれば、空売りとなるのでXBTの価格が下降すればするほど損をするということになります。

BitMEXは、Maker手数料が-0.025%なので、Limit Priceの欄で購入が成功した場合、手数料を払うどころか受け取る事ができます。

なので、急いでいない場合はLimit Orderの欄で購入したほうがお得であると言えるでしょう。

Market Order

Market Orderの場合、価格を指定する欄はありません。

売り買いをした時に、注文板に並んでいる注文から取引が成立します。

急に暴騰したり、暴落したりで、Limit Orderを使っても注文が入らなさそうな時に、こちらを使いましょう。

ちなみに、こちらの場合はLimit Orderとは異なり、手数料が0.075%取られるので気をつけて下さい。

手数料を節約したい場合は、Limit Orderを利用しましょう。

僕は、基本Limit Orderしか使っていません。

Stop Limit(Market), Take Profit Limit(Market)

Stop Limit(Market)は、損切り用に使います。

買いの場合は、Stop Priceで指定した価格よりも上になった時、Limit Priceで指定した価格での注文が実行され、売りの場合は下になった時に実行されます。

逆に、Take Profit Limit(Market)は利確用です。

買いの場合は、Trigger Priceで指定した価格を下回ったら、Limit Priceで指定した価格での注文が実行され、売りの場合は上になったら実行されます。

Trailling Stop

これは、ちょっと説明が難しいですね。

簡単に言うと、Trail Valueに設定した額以上、価格が逆方向に変動した時に注文が実行されるシステムです。

例えば、Trail Valueをー50に設定し、買い注文を行った場合を考えましょう。

この場合、どこでもいいので、とにかく価格が50ドル戻ったら注文が実行されます。

上の画像の場合、最初の下落では45ドルしか戻っていないので注文は実行されません。

もし、この下落があと5ドル分続いていたらその時点で注文は実行されてました。

ただ、上の画像の場合はその後もちかえします。

もちかえした後、再び下落が始まり、その下落が50ドルを超えた時点で注文は実行されました。

今回は、買い注文の場合で説明しましたが、売り注文の場合もTrail Valueを50(マイナスが付いていないことに注意!!)に設定することで同様の事ができます。

Your Position

この部分で、BitMEXの醍醐味でもあるレバレッジの設定を行えます。

バーをスライドさせて、お好きなレバレッジを調節しましょう。

初めての方は5倍以内に抑えて取引したほうがいいと思います。

初めから、調子に乗って100倍で取引をすると、僕のように数分で1万円失ったりします・・・。

トレードに慣れてきてから、一攫千金狙いの高いレバレッジで取引しましょう。

ちなみに、一番端の「Cross」という所にバーをスライドさせると、倍率は自動的に100倍となり、証拠金維持のために取引所に預けている全ての残高が使われます。

つまり、ロスカットされた場合は全財産を失うということですね。

一方、右端の100倍の場合は、自分で指定した残高しか証拠金維持に使われません。

まあ、初心者はCrossにバーをスライドさせるのは止めたほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、簡単に入金方法と取引画面の解説を行ってきました。

初めのうちは、英語ばかりで訳がわからないかもしれませんが、そのうち慣れます。

習うより慣れろと言うことで、次回は早速、実際に取引を行っていきましょう。

以上!

以下の画像をクリックしていただけると、凄くうれしいです!!