iPodのイヤホンが壊れたので、5千円以下のイヤホンを比較してみた

シェアする

先日、今まで2年間くらい使っていたiPodのイヤホンが壊れてしまいました。

どんなふうに壊れたのかというと、ある日突然、右耳だけからしか音が出なくなりました・・・。

毎日、通学で行き帰り使っていたので、これは死活問題です!

早急に新しいイヤホンを買わなければいけませんね。ただ、またAppleのイヤホンを買うのも面白くないし、せっかくなら他社のイヤホンを使ってみるのも面白そうですよね!

そこで、今回は予算5千円でどんなイヤホンが買えるのかを、比較していきたいと思います。(流石にイヤホンに5千円以上出せるほどのお金の余裕は僕にはありません・・・)

ただ、僕なりにこだわりたいポイントが幾つかあるので、今回候補に上がるイヤホンは全て、以下の2つの条件を満たすものとします。

ハイレゾ対応
カナル型

あとは、ノイズキャンセリング機能も付いていたら最高ですね。

スポンサーリンク

候補その1

エレコム EHP-CH1000GD

 
コスパは最高です。
 
近所の家電量販店で何度も視聴をしましたが、高音がiPod付属のイヤホンよりもはっきりと聞こえます。
 
今まで聞こえなかった音が聞こえる感じですね。
 
イヤホンの音って、言語化するのが難しいんですけど、低音も「ズンズン」今までのイヤホンよりもはっきりと聞こえました。
 
Amazonのレビューも概ね良好です。
 
ハイレゾ対応のイヤホンで、できる限り安く済ませたい場合は、このイヤホン一択でしょう。
 
僕の第一候補もこのイヤホンです。

候補その2

campino audio CP-IE300H

 
音自体は、先程のエレコムのイヤホンよりも更に1段上を行っている感じです。
 
2~3人が同時に歌っている曲を聞くときも、今までのiPodのイヤホンなら声が混じり合って聞こえていたのに対し、このイヤホンなら一人ひとりの声がはっきりと判別できました。
 
低音域も先程のイヤホンよりも更に強化されていますね。
 
先程のイヤホンが「ズンズン」という感じなら、こちらのイヤホンは「ドゥンドゥン」といった感じです。(言語化すると意味わかんないですね。まあ、こっちのイヤホンの方が低音は迫力があるということです。)
 
これで、さっきのエレコムのイヤホンと同じ値段だったら間違いなくこっちを買うのですが、こっちのほうが2000円近く高いので、悩んでしまいます・・・。
 

まとめ

流石に、5000円以内で、ハイレゾ対応、カナル型、ノイズキャンセリング機能を兼ね備えたまともなイヤホンを見つけることはできませんでした。

近所の家電量販店で視聴した限りでは、今回紹介した2つが最もコスパのいいイヤホンですね。

イヤホンは一日3時間近く使う大事なアイテムなので、もう少しじっくり考えてからどちらを買うのか決めたいと思います。

以上!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする