Kiss X7i 用に買った格安互換バッテリーの実力やいかに?

シェアする

以前、EOS Kiss X7iについての記事を書きましたが、

一眼レフ初心者におすすめ!Canon EOS Kiss X7、X7i

この時、一緒に互換バッテリーも買っていたので、レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

互換バッテリーを買った理由

そもそも、僕は、星空撮影用にKiss X7iを買いました。星空を撮影するには、シャッターを何十秒も開けっ放しにする必要があるんですよね。しかも、連続で何十枚も写真を撮るので、基本、カメラは夜中つけっぱなしです。

となると、気になるのがバッテリーの問題。バッテリーが一つしか無いと、夜の間ずっと持つか心配です。万が一、途中でバッテリーが切れて、シャッターチャンスを逃したりしたら、洒落になりません。

というわけで、予備のバッテリーをもう一つ買うことを決意しました。amazonで調べてみると、真っ先に出てきたのがこれ、

 
純正のバッテリーが3,997円で、このバッテリーは630円?いくらなんでも、怪しい、怪しすぎる・・・。と、思いながらもその安さに心惹かれ、「amazonのカスタマーレビューも悪くないし・・・」なんて考えながら、気がついたら購入ボタンをクリックしていました(笑)。「まあ、1,000円ちょいだし、だめだったときは諦めよう」くらいの心意気でしたね。

互換バッテリーのレビュー

数日して、封筒で送られてきました。

包装は最低限という感じですね。

以下、右が純正バッテリー、左が互換バッテリーです。安い割には、しっかりカバー付きで送られてきました。

下の写真にもある通り、公称上は、どちらの容量も一緒です。

高さも一緒ですね。

で、実際使用してみた感想なんですが、

思ってたよりも良かった

です。

そもそも、最初はカメラの電源が入るかどうか心配だったのですが、なんの問題も無く起動しました。

そこで、早速、互換バッテリーとカメラを持って星空撮影に行ったのですが、夜の間は互換バッテリー1つで、もちましたね。4時間くらい、連続運転したでしょうか。

ただ、次の日は純正のバッテリーで星空撮影したのですが、やはり純正の方が性能は良いようです。前日は、バッテリーの残量表示が2つのところまで行きましたが、その日は残量表示が3つのままでした。星空を撮影していた時間はだいたい同じくらいです。

でも、互換バッテリーの性能も思っていたよりはずっと良いです。少なくとも、4時間連続運転には耐えましたからね。

充電も、純正のバッテリーと同じようにできます。

まとめ

今回の、互換バッテリーは1つの値段が630円ということを考慮すれば、かなり良い品物だと思います。

確かに、純正のバッテリーと比べると性能は1段下がります。ただ、価格が5分の1以下であることを考えると、かなりの性能でしょう。少なくとも、予備用のバッテリーとしての役目は十分果たせます。

僕は、現在、純正のバッテリー1個と互換バッテリー2個を1つずつ順番に使っています。購入してから、そろそろ2ヶ月立ちますが、今のところ特に問題ありません。

ちなみに、この互換バッテリーは3ヶ月の保証がついています。万が一、不良品に当たってしまったとしても、3ヶ月以内なら交換できますよ。

あと、互換バッテリーを買う上で注意してほしいのは、信頼できる会社の製品を買うということです。今回、僕が買った互換バッテリーを製造しているのは、ロワ・ジャパンという所で、老舗の信頼できる会社のようです。(ちなみに、買ったときはそんなこと何も調べてませんでした。運が良く信頼できる会社の製品を選べて良かったです。)

バッテリーを買ったら、こんなメールをくれました

★★ロワ太郎のバッテリー使用習慣★★★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
×)バッテリーが届いてから、そのまま放置
◎)バッテリーが到着後、すぐに満充電をし、普通の使用で残量
  が空になるまで使用、その後、再度満充電。
  この充放電の繰り返しを3回~5回する。

×)旅行や運動会などの使用機会がないので引き出しに長期間保管
◎)二週間に一度は取り出し、ご使用なさるのがベストです。
  1ヶ月以上使用しない場合はバッテリーの性能維持の為に、
    必ず満充電してから、本体から取り外し、
    冷暗所に保管してください。
  ※バッテリーには保護機能が働いているため、満充電しても
  約一ヶ月程度で、電池の残量が無くなります。
  一ヶ月以上放置した場合は、必ず充電してからご使用下さい。

×)オリジナル(純正品)を使い切ってから
  ロワのバッテリーを予備で使用
◎)オリジナルとロワのバッテリーをお持ちの場合は、交互で
  使用すること。バッテリーは長期間使用しないと、
  バッテリー内の化学反応がなくなる可能性があります。

×)バッテリーをカメラに入れたままで保管
◎)バッテリーを本体に取り付けておきますと、
  本体の電源が切れた状態でも少しずつ放電されます。
  この状態が長期間(数ヶ月以上)続くとバッテリーが
  過放電状態になり、性能が劣化する可能性があります。

×)車の中にそのまま置くこと
◎)炎天下の閉め切った車内など湿度の高い場所で
  バッテリーを保管しますと、劣化が進み、膨張などの
  危険があります。
  バッテリーは10~30℃の場所で保管して下さい。

×)旅行前夜、寝る前にベットのそばのコンセントに充電器を差し、
   不安定な場所で、寝ている間に充電
◎)周りに何もないところで、状況を確認しながら充電してください
    万が一、ご使用方法の誤りによってバッテリーの落下、温度の高い
    場所での保存等で発熱、発火が起きた場合、火災になる恐れがあり
    ます

×)商品の調子がおかしい?自分で修理加工してみる
◎)商品を分解、加工した場合、保証対象外となり、また危険が
  起きる可能性もございますので、まず弊社にご連絡ください

なかなか、ここまで丁寧に教えてくれる会社も珍しいでよね。粗悪品を売りつけているような会社の互換バッテリーを使うと、最悪の場合カメラが壊れるので、注意しましょう。
 
レビューはこれで終わりです。予備のバッテリーが必要な方にはぜひ、おすすめしたい一品です。